シェヘラザード(カクテルPart2)

a0036952_0294740.jpg

シェヘラザードのスタンダードカクテルメニューの続きです。字数制限の為3つに分けてアップしています。


以下に続きを記載します。
テキーラベース
  テキーラは竜舌蘭の一種であるマゲイから作られるもので、「マルガリータ」によって世界に広まったお酒です。テキーラは熟成期間により3つのタイプ、ホワイト・テキーラ、ゴールド・テキーラ、テキーラ・アホネがありますが、カクテルに用いられるのは主にホワイト・テキーラ。
  テキーラをベースにしたカクテルの魅力は、パンチのきいた味わい、全身がシャキッとするうまみにあるとか。
a0036952_10593218.jpg

a0036952_110019.jpg

マルガリータ           ¥1,200
  テキーラ、コアントロー、ライム
  中口 26度
 「アメリカのバーテンダー、デュレッサー氏が天国の恋人「マルガリータ」に捧げたカクテル。恋人の故郷の酒テキーラを用い、ソルト・スノースタイルは悲しみを表す。
 ちょっぴり切なくロマンティックな味わいは人々を魅了し、アメリカのナショナル・カクテル・コンテストで優勝した、愛する人と飲みたいロマンティックなカクテル。」
 ホワイトキュラソー(コアントロー)をブルーキュラソーに代えると「ブルー・マルガリータ」。純白な「マルガリータ」が亡き恋人を想うセンチメンタルなカクテルだとすると、「ブルー・マルガリータ」は夏の海のイメージがあり、恋の予感が漂うカクテルな感じでしょうか。
a0036952_5294495.jpg

マタドール            ¥1,200
  テキーラ、パイナップル、ライム
  中口 12度
 「フルーツの甘味と酸味がテキーラを爽やかにする:味わいはほんのりと甘酸っぱいテイストで、テキーラをベースにしたトロピカル・カクテルのような印象。メキシコの闘牛場を通り抜ける爽やかな風のような飲み心地のカクテル。」ラテン系の情熱を表した、テキーラベースの代表的なカクテルの1つ。
a0036952_22211365.jpg

テキーラ サンライズ       ¥1,270
  テキーラ、オレンジ、グレナデン
  中口 12度
 「ミック・ジャガーが愛飲し世界に広まったカクテル:グラスの底に沈んだ赤いグレナディン・シロップが、朝焼けに染まる美しいメキシコの朝をイメージした美しいカクテル。広く世界中で人気の高いカクテル。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがツアー中に愛飲し、イーグルスも同名の曲を作っている。」




ウィスキーベース
  ウィスキーベースのカクテルは、ウィスキー各種、それぞれが織り成す深い味わいが堪能できる。
a0036952_113201.jpg

a0036952_11324117.jpg

a0036952_21424346.jpg

  ※一番下の写真はドライマンハッタン
マンハッタン           ¥1,300
  ウィスキー、スイートベルモット、ビター
  中口 32度
 「ニューヨークのハイソサエティが生んだ、カクテルの王様マティーニと並び称されるカクテルの女王。琥珀色のカクテルの中に沈むマラスキーノ・チェリーがマンハッタンの夕景・夜景を思わせ、あるいは妖艶な女性をもイメージさせるカクテルは、香り高く甘口で口当たりがよく女性にも好まれる。」
  マンハッタンのスイートベルモットをドライベルモットに代えたものが「ドライマンハッタン」。チェリーの代わりにオリーブを沈めた、マンハッタンの情景を映し出す男性向きの辛口カクテル。
 「マンハッタン」にはネイティブ・アメリカンの言葉で「酔っ払う」の意味もあり、32度とやや強めのカクテル。飲みすぎての「マンハッタン」にご注意。
a0036952_22564074.jpg

ニューヨーク           ¥1,300
  ウィスキー、ライム、グレナデン
  中口 24度
 「フルーティーな甘さと酸味のバランスがいい:禁酒法時代にバーテンダーたちが苦労して作ったカクテル。ニューヨークの日の出を彷彿とさせる鮮やかな色彩とさっぱりとした甘口の味わいが人気のカクテル。摩天楼輝く都会の誘惑と、ドライさをこの1杯は表現している。いつの時代にも新鮮なニューヨークの夜に乾杯。」


ブランデーベース
  ブランデーベースのカクテルはブランデーの芳醇な香りと、それを引き立てながら、様々にアレンジされた贅沢感が魅力。
a0036952_11511341.jpg

アレキサンダー          ¥1,500
  ブランデー、カカオ、クリーム
  甘口 23度
 「ロイヤルウェディングに献上された気品ある一杯:イギリスの皇太子妃アレキサンドラの名を持つこのカクテルは後のイギリス国王エドワード7世が、デンマーク国王の長女アレキサンドラとの結婚を記念して奉げたカクテル。また、ジャック・レモン主演の映画「酒とバラの日々」の中で主人公が酒を飲めない妻にすすめたカクテルとしても有名に。愛する妻に捧げられたロマンティックなカクテルは、ブランデーの豊潤な香りとカカオのほろ苦さがマッチ。女性が好むカクテルとしていつも上位にランクされ“食後酒の王様”と称されるほど世界中で愛飲されているカクテル。ロマンチックな夜にふさわしい一杯。」
a0036952_23361377.jpg

サイドカー            ¥1,500
  ブランデー、コアントロー、レモン
  中口 26度
 「さっぱりとした味わいが愛される、ブランデーベースカクテルの代表格:ブランデーとコアントロー(オレンジの香りとまろやかな甘さが特徴のリキュール)の甘味に、レモン・ジュースの酸味が加わり、さっぱりとした甘さが男女を問わず愛されている。」


ワインベース
a0036952_23212182.jpg

  ※写真はヴィノテークでいただいたもの。
ワイン クーラー          ¥1,150
  ワイン、オレンジジュース、レモン、グレナデンシロップ、オレンジキュラソー、カットオレンジ
  中口 11度
 「もうひとつのワインの楽しみ方:ワインをベースにしたクーラースタイル(スピリッツやワインに柑橘系のジュースを加え、炭酸飲料で満たすもの。ノンアルコールのものも)。ワインは好みで赤でも白でもロゼでもよい。自由にアレンジできるカジュアルな味わいで、ワインをまた違った楽しみ方で味わえる、夏にぴったりの爽やかなカクテル。」


Part3に続きます。
by mattarinonbe | 2013-07-19 23:25 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< シェヘラザード(カクテルPart1) シェヘラザード(カクテルPart3) >>