イタリアンレストラン/プッチーニ(ランチタイムPart1)

a0036952_20285010.jpg

a0036952_19225895.jpg

今回はハウステンボス、ユトレヒトにあるイタリアンレストラン・プッチーニのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。最新更新日7月23日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、ローマの廃墟をイメージした造りの店内で昼はリーズナブルに、夜はコース料理を中心に楽しむことができます。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数56席
【営業時間】6/1  11:00~23:00
      6/2~ [日~木] 11:00~21:00
          [金・土] 11:00~22:00
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※時期により営業時間・店休日は異なる事がありますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。

プッチーニと言えば、ハウステンボスのレストランにおいてはホテルレストラン以外ではかつては最高峰に位置づけられていたお店。現在でもそのような格付けと言っていいだろうと思います。
パスタならプッチーニ!というファンが多数いる(いた)お店でもあります。リゾットも人気ですが。。

ハウステンボスがいろいろと試行錯誤してきた中にあって、プッチーニもいろいろと変遷があったように思います。
07年の6月にはメニューが大幅に変更され、ランチタイムはカツレツとリゾットのお店になり、パスタはフェトチーネオリジナーレのみになっていた事も。
08年夏頃からはパスタメニューも増やされ、かつての姿に近づいた気がします。ただ、個人的な感想としてはこれらのパスタメニューは(私の中では)プッチーニ的というよりもピノキオ的なイメージも。
かつては月替わりのパスタメニューが楽しませてくれた事もあります。
「自家製カラスミのビゴリ」「「早春の使者」ホタルイカを使ったイカ墨の手打ちパスタ」「生ハムと桃の冷製パスタ」「馬鈴薯のニョッキ 長崎産トマトの冷製ソース」「長崎県産アジと柑橘類の冷製パスタ 自家製フェンネルの香りを添えて」などなど、こだわりの自家製パスタ、自家製カラスミを使ったパスタや旬の食材を使った個性的なメニューがその時々で楽しむ事が出来ました。
そのような意味で、ちょっと残念な気もしていました。
お気に入りのお店だけに。。。
現在いろいろと新しいメニューも(特にディナータイムにおいて)登場していますので、これからも楽しみ。

10年夏あたりから(私にとって)改善の兆しが明らかになってきて、夏のおすすめメニューとしてオリジナルの冷製パスタが2種登場し、冬はオイスターフェアメニュー、そして龍馬伝メニュー(かなり良かったと思います)と期間限定・季節メニューもいろいろと登場し、人気だったように思います。
加えて11年7月17日からの新生ハウステンボスのリニューアル第2段にあわせ、プッチーニのグランドメニューも大幅な変更となり、一時期の低迷期(と勝手に思っていただけかもしれませんが)を脱したように思います。やはり、私にとって好みのイタリアンレストランで、今後も期間限定メニューなど、いろいろと愉しませてくれる事を期待しております。

a0036952_19231964.jpg

びょりさんのレポ

下記メニューは6月16日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
ロマンスフェアメニューとして「愛野産ロマンスポテトのニョッキ」が登場しています。
 愛野産ロマンスポテトは、日本ロマンチスト協会がロマンス文化に貢献すると認定したモノ・コト・ヒトに付与する最高品質の証「ロマンスマーク」を得たブランドジャガイモ。ジャガイモがなぜロマンス文化に貢献?と疑問に思う方も少なくない事と思いますが、「愛とロマンスの聖地である、雲仙市内で育ったジャガイモは、毎年春に雲仙市愛野町で行なわれる「ジャガイモ畑の中心でロマンスを叫ぶ(通称ジャガチュー)」によって、愛を与えられるという「勇気農法」で栽培されたジャガイモ」なのだとか。「有機農法」ならぬ「勇気農法」というのが駄洒落ていていいですね。
 「春ジャガの生産量日本一を誇る長崎でも屈指の生産量を誇る、聖地雲仙。そこで取れるジャガイモは、北海道とは違い肉質が柔らかく”あなた色に染まる”ジャガイモ」だとも。5項目の認定基準ももうけられているようです。5項目の中には「聖地(雲仙市愛野町)及び周辺(雲仙市内でジャガチューの叫びが届いた気がする畑)で栽培されたもの」の他、「ジャガイモの規格は、愛に決まった形がないように不定形、規格外でも美味しければ良しとする」という項目もあって気が利いている様に思います。
a0036952_2243826.jpg

 で、このニョッキですが、もちもちした食感が心地よく、チーズソースと相まってなかなか美味しく。ただ、一人でいただくと途中で少し飽きるかも?
a0036952_2252699.jpg

 スープと
a0036952_2254126.jpg

 サラダ付です。
a0036952_226425.jpg

 プッチーニのオリジナルカクテルもなかなかのもの。量もたっぷりでお得感があります。

下記の他修学旅行生メニューが登場する事があります。12年3月8日に表示されていたのは
○修学旅行生メニュー       ¥1,000
  カルボナーラスパゲティかミートソーススパゲティを選び、サラダとオレンジジュースが付いてくるというもの。
※12年9月20日は次の様な内容が表示されていました。
○修学旅行生限定学生メニュー   ¥1,000
  ミートソーススパゲティ―、ポークカツレツ、オレンジジュース又はグレープフルーツジュース
  ※12年11月15日22日、12月2日はミートソーススパゲティ、トンカツ、オレンジジュースの表示でした。

※7月13日には次のメニューが
○九十九島産かきとムール貝のサラダ仕立て トマトのゼリー寄せ ¥1,480
  「海のミルク」といわれるスタミナ満点の牡蠣とムール貝を食べやすくサラダ仕立てにしました。トマトのゼリーとともにお召し上がり下さい。
○夏野菜とマグロの冷製パスタ ミント風味  ¥1,460
  よーく冷やした夏野菜と漬けマグロをパスタに絡め、ミントでさっぱりと仕上げた冷製パスタ。夏バテで食欲がない方にオススメ!

※7月21日には次のメニューを見かけました。
復刻!!鉄板スパゲッティ
○鉄板ナポリタン   2人前¥1,800  パン・サラダセット+¥300
○鉄板カレー風味ボロネーゼ  2人前¥1,800  パン・サラダセット+¥300 


○印が新(再)登場、●印が再登場・マイナーチェンジしていたものです。



                          メニュー
ロマンスフェアメニュー
a0036952_2263111.jpg

a0036952_2265066.jpg

  ※写真は13年6月16日にいただいた際のものです。
○愛野産ロマンスポテトのニョッキ   ¥1,800
  サラダ・スープ付き
 「愛野産じゃがいもと小麦粉との組み合わせで作ったダンプリング状のパスタの一種。濃厚なチーズソースで仕上げました。」
 ※数量限定

ランチコース
 オフィシャルサイトによると前日までの要予約メニューとして次のランチコースの用意もあるようです。
○ランチコース            ¥2,500
  本日のパスタ、チキンの香草パン粉焼き、ジェラート、コーヒー
 ※前日までの要予約。

グランドメニュー
・選べるランチ(スープ・サラダ付)       ¥1,280
   シェフ自慢のパスタ4種の中から1種類と、お肉またはお魚3種から1種類を選べるランチプレート
 パスタ
   ・小海老のクリームソース
   ・ミートソーススパゲティ
   ・野菜のペペロンチーノ
   ・自家製パンチェッタを使ったアマトリチアーナ
  肉・魚
   ・白身魚の香草パン粉焼き
   ・ポークカツレツ バルドスターナ風
   ・チキンのトマト煮込み カチャトーラ風

・フェトチーネオリジナーレ          ¥1,560
 「パルミジャーノ・レッジャーノチーズに手打ちパスタのフェトチーネを絡めたプッチーニ名物料理。」

・パン(2種盛り)               ¥150
・スープ                    ¥200
・ガーリックトースト(2個)          ¥300
・デザートセット(本日のデザート+ソフトドリンク)  ¥500
   セットドリンクは、コーヒー(ホット・アイス)、紅茶(ホット・アイス)、コーラ、オレンジジュース、ジンジャーエール、メロンソーダ、グレープフルーツジュース、カルピスより選択。

・お子様セット              ¥840
   ホットサンド、ハンバーグ、海老フライ、グラタン、ポテトフライ、ジュース、カップアイス
  ※今回未確認。オフィシャルサイトの内容を記載しています。



飲物
白ワイン
●フラスカティー・スペリオーレ・セッコ 2011  ハーフボトル¥1,700 フルボトル¥2,800
  タイプ:やや辛口 産地:ラツィオ州  
  ぶどう品種:トレッピアーノ・トスカーノ、マルヴァジア・ディ・カンディア、マルヴァジア・デル・ラツィオ
 「世界に知られるイタリアワインの1つ。地元ローマっ子に愛されるワイン。洋ナシやリンゴの香り、フレッシュな味わいが特徴です。」
・ソアーヴェ・クラッシコ 2011             フルボトル¥3,500
  タイプ:やや辛口 産地:ラツィオ州  
  ぶどう品種:ガルガーネガ、シャルドネ、トレッピアーノトレッピアーノ・ディ・ソアーヴェ
 「最も有名なイタリア白ワイン。「ソアーヴェ=心地よい、甘美な」の名の通り、フルーティで心地よい芳香が特徴。くせがないのでお料理にも合わせやすいワイン。」
●ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ 2009 ハーフボトル¥2,800 ボトル¥5,000
  タイプ:辛口 産地:ピエモンテ州  
  ぶどう品種:コルテーゼ
 「ミネラル、青リンゴ、レモンの様なフレッシュな香り。レモンを搾ったフライや貝類、甲殻類との相性ぴったり。生産地の特定のブドウを使った逸品。」
a0036952_22371347.jpg

  ※写真は12年12月23日にいただいた際のものです。
・”レ・ラーヴェ”ヴェネト・ビアンコ 2008        フルボトル¥6,500
  タイプ:辛口 産地:ヴェネト州  
  ぶどう品種:シャルドネ、ガルガーネガ
 「ワイン造りに適した土地のブドウを使ったワイン。熟れた桃と小樽からくるバニラの香りに、酸味とまろやかさを兼ね備えた上品な味わいです。」

赤ワイン
●”ビアンキ”モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2011   フルボトル¥3,000
  タイプ:ミディアムボディ 産地:アブルッツォ州  
  ぶどう品種:モンテプルチアーノ、カベルネ・ソーヴィニョン
 「世界的に人気のモンテプルチアーノ・ブドウ種ワイン。心地よい凝縮した果実味。やわらかいタンニンとまろやかな味わいです。」
●コルヴォ・ロッソ 2010       ハーフボトル¥2,000 フルボトル¥3,500
  タイプ:ミディアムボディ 産地:シチリア州
  ぶどう品種:ネーロ・ダーヴォラ、ペリコーネ、ネレッロ・マスカレーゼ
  古い歴史を持つこのワインは、映画「ゴット・ファザー」「グラン・ブルー」にも登場する有名なワイン。果実味と酸味のバランスのとれた味わいです。
●キャンティ”ピアン・デル・マッソ” 2011        フルボトル¥4,000
  タイプ:ミディアムボディ 産地:トスカーナ州
  ぶどう品種:サンジョヴェーゼ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン
  イタリアを代表する赤ワイン「キャンティ」熟したチェリーやスミレなどの香り。しっかりとしたボディがありつつもやわらかでフルーティな味わい。
●ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスヴィオ・ロッソ 2011 フルボトル¥5,000
  タイプ:ミディアムボディ 産地:カンパーニャ州
  ぶどう品種:ピエディロッソ、アリアニコ
  「キリストの涙」という有名なワイン。ベリー系の香り、フレッシュさとやわらかな渋みのバランスがよいワイン。果実味豊かで香りも徐々に深みが出ます。
・ドルチェット・ダルバ 2009               フルボトル¥7,000
  タイプ:フルボディ  産地:ピエモンテ州
  ぶどう品種:ネッビオーロ
  ブラックベリーやラズベリー、ブラックチェリーなどのフルーティな香り、味わいなめらかで、上質な渋みと酸味が特徴。洗練された赤ワイン。
・バローロ 2007                      フルボトル¥10,000
  タイプ:フルボディ  産地:ピエモンテ州
  ぶどう品種:ネッビオーロ
  ”イタリアワインの王様”と称えられるバローロ。大きな樽でゆっくりと熟成させ、おおらかな印象。力強さと繊細さがあり、チェリーや濃厚な果実の香りです。

ビール
・アサヒスーパードライ生ビール        ¥550
a0036952_2154435.jpg

・ハイネケン(瓶ビール)オランダ産      ¥550
a0036952_23145844.jpg

・モレッティ(瓶ビール)イタリア産      ¥650
a0036952_995915.jpg

・アサヒ ドライ ゼロ(ノンアルコール)    ¥450

ウィスキー
・サントリー山崎12年        (S) ¥800 (W) ¥1,000

カクテル
○ジン・デージー            ¥630
 「デージーとはひな菊のこと。レモンジュースとグレナデンシロップがジンを甘酸っぱく可愛らしいカクテルにしてくれます。」
○モスコミュール            ¥630
 「苦味の効いたウォッカにフレッシュライムとジンジャーエールを加えたポピュラーなカクテル。」
○なごみ                ¥630
 「梅酒と柚子リキュールをソーダで割った飲みやすい爽やかなカクテル。」
a0036952_228739.jpg

  ※写真は13年6月16日にいただいた際のものです。
○ペニーレイン             ¥630
 「人気のハイボールを女性にも楽しんでいただきたいと、甘さの中にウィスキーのピリッとした辛味を付けて、美しいトゲのあるバラを表現しました。」

ノンアルコールカクテル
○サラトガクーラー           ¥580
 「モスコミュールの味に似たノンアルコールカクテル。辛口ジンジャーエールを使ったキレのある一杯。」
○ローザ                ¥580
 「ローザとはイタリア語でバラのこと。甘く華やかなローズシロップにグレープフルーツジュースとグレナデンシロップを合わせ、ソーダでさっぱりと上品に仕上げました。」
○あじさい               ¥580
 「クランベリージュース、グレープフルーツジュース、イチゴシロップを辛口ジンジャーエールで割ったさっぱりとした一杯。」

ソフトドリンク
・オレンジジュース              ¥300
・グレープフルーツジュース          ¥300
・コカコーラ                 ¥300
・ジンジャーエール              ¥300
・メロンソーダ                ¥300
・カルピス                  ¥300
・ウーロン茶                 ¥300

コーヒー&ティー
・コーヒー                  ¥300
・アイスコーヒー               ¥350
・エスプレッソ                ¥300
・カプチーノ                 ¥350
・ブレンドティー               ¥300
・アイスティー                ¥350

ミネラルウォーター
●スルジーヴァ ナチュラル(イタリア産)    ¥450
○サンペレグリノ(イタリア産・ミネラルスパークリングウォーター) ¥450

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2013-06-24 22:08 | タワーシティ


<< イタリアンレストラン/プッチー... イタリアンレストラン/プッチー... >>