デ アドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。最新更新日7月25日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには早くても1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている(今のハウステンボスの流れ、ホテルヨーロッパの方向性からみていずれ復活するものと期待していますが)今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコードもありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典が用意されています。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

アドミラルではスペシャルな企画が登場することも。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。
そしてこの夏7月21日と22日に再度グランアミューズが開催されました。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(11年10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
a0036952_1421794.jpg

12年2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。
mattariのレポ(2月19日「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」)
12年6月30日、13年3月2日にもワイン会が開催されています。
そして明日13年6月22日もワイン会が。
                  デアドミラル初夏のワイン会
                  ~銘醸地 ロワールを味わう~
 フランスAOC白ワインの生産量第一位を誇るロワール地方は、ソーヴィニョン・ブラン、シュナン・ブランなど使われている葡萄品種は様々ですが、いずれもフレッシュな酸と爽やかな味わいを持ちます。自然派の造り手も多く、飾りたてることのない、ナチュラルな葡萄本来の美味しさが楽しめるのも魅力。春から夏の季節に低めの温度でフレッシュ感を味わいながら飲むのがぴったりです。
【日時】2013年6月22日 18:15 受付 18:30 ディナー
【料金】1人¥18,000(税・サービス料込)
【ワイン】
~Vin Mousseux~
   トゥーレーヌ・ロゼ・キュヴェ・レシャンソン・ブリュット
       ユエ・レシャンソン
  ~Vin Blancs~
   プイィ・フュメ 2011
   セルジュ・ダグノー
   サンセール・クロ・ド・ショードネイ 2010
       エティエンヌ・ドールニ―
   ヴーヴレイ・ル・モン・モワルー 2009
       ユエ・レシャンソン
 ~Vin Rouge~
   シノン・ラ・クロワ・ボワセ 2009
       ベルナール・ボードリー

グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)

12年4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。いずれ姉妹ブログでご紹介できれば・・と思っています。

 スパRINとのセットプランも継続しています。
スパ&ランチ
  美味しいランチを食べて、スパでボディトリートメント♪
  テーマは「”春のぷるぷる肌”」
【期間】2013年3月1日~6月30日
【内容】ランチ  日本料理「吉翠亭」 または フレンチ「デ アドミラル」
    スパ   The Life Spa RIN ウェルネス
【時間】吉翠亭・デ アドミラル   11:30~14:00
    The Life Spa RIN ウェルネス  11:00~21:00 (最終受付 19:40)
     ※スパとランチは滞在中なら別日に利用する事も可。
【料金】¥9,600 
     ※事前予約制
     ※¥3,000追加でスパメニューを60分コースに変更可。
【予約・問い合わせ】The Life Spa RIN ウェルネス TEL:0956-27-0503
    ※RINもアドミや吉翠亭も無料ゾーンにあります。予約時に車のナンバー等を伝えておくと、無料駐車場を利用する事も可能です。
【スパ内容】ボディートリートメント45分やアロマフェイシャルトリートメント45分の2種が用意されているようです。
    ※所要時間いずれも約75分
【アドミラル・ランチメニュー内容】
   佐世保産サワラのコンフィのニース風サラダ仕立て
   長崎産アスパラガスをなめらかなヴルーテに
   日向鶏と春野菜のブレゼ
   アドミラル特製のデセール
   コーヒーまたは紅茶
  ※6月1日より初夏のメニューになるという事で、上記とは異なる内容になっているかと。


以下は6月9日に利用した際の記録をもとに改定したものです。



6月1日からコースメニューが夏のメニューになり、アラカルトメニューにおいても変更があります。

6月9日は季節のコース セゾン~夏~をいただきました。
a0036952_17185894.jpg

 アミューズは、ムール貝。中にクスクスとバジルのソース。ムール貝の上にはサフランのジュレと、パエリアをイメージしたというアミューズ。ぷりぷりの海老にトマト、オリーブが添えてあります。
a0036952_17202110.jpg

 「現代風にアレンジした、パルマ産生ハム フルーツ添え」はエディブルフラワーで周囲を彩った綺麗な一皿。
a0036952_17213435.jpg

 上の赤いものは、ブランボワーズとカシスをムース状にしたものだったでしょうか。生ハムメロンと考えると、生ハムやメロンの存在感がさびしい気もしますが、ちょっとおもしろい一品でした。
a0036952_17251991.jpg

a0036952_1726313.jpg

 「地元産魚介類、野菜のマリネ レモン風味 サマートリュフと共に」も美しい一皿。
a0036952_1729349.jpg

 サーモンに蛸、貝柱や鮑、鱒子、アスパラ、ズッキーニなどが使われていたでしょうか。サマートリュフも贅沢です。
a0036952_17312614.jpg

 「特選とうもろこし 冷製スープ仕立て、クリスピーなベーコンのアクセント」。中に粒コーンやオクラがはいっていたでしょうか。とうもろこしの風味がしっかりとしていて美味。カリカリのベーコンを砕いて、クルトンの様にアクセントとしていただきました。
a0036952_17334310.jpg

 その場でパウダー状の冷たいクリーム(グラニテの様な感じ)をかけて出してくださいます。左手の白っぽいのがそれです。柑橘系のシャーベットの様な感じで、温度の違いも味わえなかなかのもの。ただし、冷製スープたっぷりと一緒にいただくとちょっとわかり難いかも。
a0036952_17373779.jpg

 「佐世保産コチのロティ ニース風 ソースオマール」
a0036952_17392574.jpg

 身厚のコチはなかなかに美味!上に卵とケッパー、ドライトマト。
a0036952_1741761.jpg

 添えてあるのは、インゲンやトマト等の上にマッシュルームが載せてあるもの。素材の食感が活かされています。
a0036952_17424910.jpg

 この黒いのは原藻海苔。海苔を摘みたてのまま乾燥させ、シート状に漉きあげる前の状態のもののようです。
a0036952_17455391.jpg

a0036952_17461863.jpg

 彼杵茶のグラニテ。
a0036952_17463796.jpg

 メインは「イベリコ豚を赤ワインでやわらかく煮込み、ヴァンデ産フォアグラのコンフィを添えて」。煮込みはアドミラルの鉄板となるような得意料理。
a0036952_17481023.jpg

 煮込まれたイベリコ豚はトロットロで旨し!下にはジャガイモのピューレ。上にフォアグラ。十分に満足感を得られる一皿です。
a0036952_17493053.jpg

 野菜のグリルも素材が活きています。
a0036952_17495938.jpg

 「アドミラル特製のデセール」
a0036952_17504051.jpg

  コーヒーまたは紅茶

 素敵なランチでした。


この8月25日にワイン会が開催されるようです。
    デ アドミラル 夏のワイン会~ラングドック・ルーションの魅力~
  数十年前まで安ワインが大量に生産され、フランス庶民のための「安かろう悪かろう」のワインの生産地だったラングドック・ルーション。20年ほど前からクオリティを追求し、良質のワインを造りたいと情熱を燃やす生産者が出現し始めました。その情熱も持った生産者を今回ご紹介します。
地中海の銘醸ワインと、料理のマリアージュを心ゆくまでお楽しみください。
【期日】13年8月25日(日) 11:45(受付) 12:00(ランチ) 
【料金】¥12,000円
【定員】限定24名
【予約・問い合わせ】要予約 0956-27-0561

ワインリスト等詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。



以下の価格は税・サービス料込み。

○印は新(再)登場、●印はマイナーチェンジ(内容変更、価格変更等)していたものです。


                   メニュー
セット・コースメニュー
a0036952_17173458.jpg

  ※写真は13年6月9日にいただいた際のものです。
●季節のコース セゾン          ¥7,000
~夏~
【提供期間】6月1日~
  アミューズ
  現代風にアレンジした、パルマ産生ハム フルーツ添え
  地元産魚介類、野菜のマリネ レモン風味 サマートリュフと共に
  特選とうもろこし 冷製スープ仕立て、クリスピーなベーコンのアクセント
  佐世保産コチのロティ ニース風 ソースオマール
  彼杵茶のグラニテ
  イベリコ豚を赤ワインでやわらかく煮込み、ヴァンデ産フォアグラのコンフィを添えて
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶


●夏のおすすめコース        ¥4,000
  アミューズ
  佐世保産キスのグリエ 冷製ラタトゥイユと共に
  島原産じげもん豚 トントロを使ってパテにし、トリュフ風味のサラダを添えて
  県内産ジャガイモ ヨーグルト風味のヴィシソワーズに
  佐世保産 スズキのロティ プロヴァンス風
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶


a0036952_23442048.jpg

  ※写真は12年4月8日にいただいた際のものです。
・パスタセット              ¥2,600
  本日のパスタ 又は トマトとバジル、ベーコンのフェデリーニ
  サラダ、パン、アイスクリームとシャーベット、コーヒー 又は 紅茶付き

a0036952_14221941.jpg

a0036952_14223698.jpg

  ※写真は09年12月24日にいただいたもの。
a0036952_7404591.jpg

  ※写真は10年4月29日にいただいた「小海老とマッシュルームのカレー
a0036952_14214181.jpg

a0036952_14211868.jpg

  ※写真は09年12月29日にいただいたビーフカレー」
・カレーセット              ¥2,600
  小海老とマッシュルームのカレー 又は 長崎牛のカレー
  サラダ、コーヒー 又は 紅茶付き


オードブル
・雲仙豚とフォアグラのテリーヌ 地元で採れた野菜のマリネ添え  ¥3,000
○島原産じげもん豚 トントロを使ってパテにし、トリュフ風味のサラダを添えて ¥2,800
○地元産魚介類、野菜のマリネ レモン風味 サマートリュフと共に ¥3,000

スープ
○地元野菜たっぷりのクリームスープ            ¥2,000
○特選とうもろこし 冷製スープ仕立て、クリスピーなベーコンのアクセント ¥2,000
○県内産ジャガイモ ヨーグルト風味のヴィシソワーズにして、キャヴィアを添えて ¥2,800
a0036952_2336275.jpg

  ※写真は11年5月29日にいただいた「コンソメジュレ 人参のピュレ ウニを添えて ¥2,000」
●キャビア、ウニ コンソメジュレ 人参のピュレのハーモニー ¥2,800

魚料理
○佐世保産 スズキのロティ プロヴァンス風  ¥3,000
○佐世保産コチのロティ ニース風 ソースオマール ¥3,200

肉料理
○イベリコ豚を赤ワインでやわらかく煮込み、ヴァンデ産フォアグラのコンフィを添えて ¥5,000
・長崎牛フィレ肉のソテー サラダ添え マスタードソースと共に ¥10,000

サラダ
a0036952_23374748.jpg

a0036952_2338945.jpg

  ※写真は11年5月29日のディナータイムにいただいた「初夏の野菜のサラダ」(取り分けサーヴィス致します)。
●夏野菜のサラダ              ¥1,800

フロマージュ
a0036952_1638479.jpg

  ※写真は12年11月1日にいただいた際のものです。
・カットチーズ               ¥1,200
a0036952_15445379.jpg

a0036952_15421072.jpg

  ※写真は12年7月15日にいただいた際のものです。
a0036952_13433851.jpg

  ※写真は13年1月5日にいただいた際のものです。
・ナチュラルチーズ盛り合わせ        ¥2,000
・ナチュラルチーズ各種をワゴンサーヴィスで ¥3,500


a0036952_1435636.jpg

a0036952_16291256.jpg

  ※写真(ランチプレートとデザート。これにパンもついていたとか)を提供していただきました(ありがとうございます)。あまりにも美味しそうで、撮影終了を待ちきれなかった様子がうかがえるのが、微笑ましいですね。現在は内容が変わっているかもしれません。
・お子様ランチ               ¥1,800
  国産牛フィレ肉のサイコロステーキと車海老のフライ
  バターライスとポテト添え
  アイスクリームとシャーベット
  パン付
 ※小学生以下のお子様対象です

デセール(デザート)
・デ アドミラル特製デザートの盛り合わせ      ¥1,500
・自家製シャーベットとアイスクリームの盛り合わせ  ¥1,000

Part2に続きます
by mattarinonbe | 2013-06-20 17:22 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< シェヘラザード(オリジナルカク... デ アドミラル(ランチPart2) >>