ピザ&パスタ/ピノキオ Part1

a0036952_1375349.jpg

今回はハウステンボス・ユトレヒト地区にあるピノキオです。
改訂版をアップします。最新更新日11月3日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
イタリア・ナポリにある古いピザ屋をイメージした店内でひときわ目を引くのは、陶器の町・有田で特注した登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。世界でただ一つのこの窯でパリッと焼き上げるピザの味は折り紙付きです。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街1 階
    席数64席
【営業時間】 11:00~21:00
    ※金・土・祝前日は22:00まで
    ※7/15からは22:00まで
    ※7/14、28は23:00まで
    ※営業時間及び店休日は時期により異なる事がありますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】対応なし
【その他】Edy対象店舗。車椅子利用可。

ピノキオはHTBで一番人気のお店とされています。
a0036952_1458299.jpg

掲示板等でHTBで何を食べたらいいかというご質問が良くなされます。レスするのが難しいご質問です。その方の好みや予算、シチュエーション(家族連れであるとか恋人どうしであるとか、年齢その他)によっても様々で画一的にレスできるものではないと思います。
美味しいものを食べたい。
HTBらしいものを食べたい。
という2つの条件を最も満たすのは、(エリタージュ、エクセルシオールが休業中の現在)HTBの食の顔とも言える「デ・アドミラル」あたりになるかと思いますが、フレンチが苦手な方もおられるでしょうし、その他の条件が合わない場合もあるでしょう。「戎座」「吉翠亭」も素敵ですが、HTBらしいかと言われるとちょっと考えてしまいます。美味しいものっていう条件なら十分(だと私は思います)なのですけども。

ピノキオもよくお勧めで名前があがるお店です。ピザやパスタが苦手でなければコスト的にも味的にもお勧めでしょう。ピッツァなどがHTBらしいかと言われると疑問もあありますが、一番人気のお店という事で条件クリアでしょうか。
ただし、一番人気のお店が一番美味しいお店とは限りません。味の好みは人それぞれですから。
ピザ&パスタのお店ですが、どちらかと言えばお勧め・人気はピザでしょうか。
a0036952_1445184.jpg

おいしいピザの3つの秘密
秘密1.ピザ生地へのこだわり
  厳選した国産の粉をブレンドせずに使用し、その日の天候に合わせて、職人が粉や水などの配合を変えています。こねた生地は6~8時間低温でじっくり寝かせ、素早く1枚1枚丁寧に手伸ばししています。
秘密2.具材へのこだわり
  ソースは具材の味に負けないにんにく入りと、ピザ生地とソース本来の味を楽しむためのシンプルなものの2種類。当店のソースを楽しみたい方は、是非マルゲリータピザを!
  市販の物を使用しがちなアンチョビですが、当店ではこれも自家製!近海産の新鮮ないわしを塩とオリーブオイルに丁寧に漬け込み仕上げています。その味は自家製アンチョビのペペロンチーノでお楽しみいただくことができます。
  自家製パンチェッタは、岩塩等に漬け込んだ後、自然乾燥して出来上がるまでに1週間近くを要し、その仕上りは噛むほどに味わい深いと評判!じっくり味わいたい方は単品でもご注文いただけます。
  オリーブオイルに唐辛子・ローズマリーを加えて加熱し、一晩ねかせます。そうする事で、唐辛子の辛さを引き立て、香り豊かなオイルに仕上がります。まずはそのまま召し上がり、2枚目はオイルをかけてお楽しみ下さい。
秘密3.世界でただひとつのピザ窯
  陶器の町・有田で特注し、登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。これは世界でただひとつの特別サイズ。この窯を使い、最初は高温の窯の奥で、その後は手前でピザを回転させながらじっくり焼き上げます。そうして焼き上げるピザは、外はパリッ、中はモチモチとしたクリスピータイプ!職人技を是非、近くでご覧ください。

上記のようなおいしいピザの3つの秘密!というパネル展示が店外にあり、このようなアピールはとても良い事だと思います。
a0036952_14105224.jpg

また、アレルギー成分表の店外表示を見かける事もあり、店内でも求めに応じ見せていただけるようですので、アレルギーのある方にも安心かと。もっとも小麦がダメな方だと、ピザ&パスタのお店ですから、ハムやサラダ位しか食べられるものはないかと思いますが。。。

また1月1日・22日(それ以降も)にはピノキオの人気ランキング表示も見ました。
PINOCCIOの人気ランキング
 1.ピノキオ特製ポテトとベーコンのピッツァ
 2.森と海のスパゲティ ピノキオ風
 3.4種のチーズピッツァ
お子様に人気のメニューベスト3
 1.マルゲリータピザ
 2.カルボナーラスパゲティ
 3.アマトリチアーナ風スパゲティ
※「ペッパーなどご注文の際に言っていただければ、入れずにお作り出来ます。お気軽にお声かけ下さい。」の記載も。

 スタッフの方も以前にも増して充実してきている印象があります。ホテルズなどで活躍されていた方が結婚出産を経て、ピノキオでカムバックされている例もあり、懐かしいお顔に出会えるのも魅力です。

a0036952_22113795.jpg

ユトレヒトのレストランは15時~17時の時間帯中間クローズの店が多いのですが、このピノキオは営業しており、その面でも利用しやすいお店です。
a0036952_21571519.jpg

ハウステンボスで最も行列のできるお店の1つですので、食事時には行列が出来るのは日常的に見ることで、多くの人で賑わうような時期はかなりの待ち時間(1時間前後、時には2時間以上という事も。それだけ待つのであれば他店を利用した方が良さそうにも思うのですが・・)を覚悟しないといけない場合があります。待つか、他のお店を利用するか。。ピノキオを利用しようと思われている方はあらかじめ他の候補も考えておかれた方がよろしいかとも思います。
また、いわゆるお昼時前やお昼時を過ぎた17時前であれば(クリスマスなどは16時代でもかなりの行列が出来る事も)比較的すいていますので、混雑が予想される時は早めの利用もお勧めです。

sayuriさんのレポ
Marchさんのピノキオレポ

以下は7月16日に利用した際の記録を元に改定したものです。



「Anniversary Menu, New20 第2弾水と冒険の王国編」として、冷麺フェアの「蛸と生ハムの塩麹入り冷製スパゲティ」とスタミナフェアの「わんぱくジャンボピザ」が登場しています。
a0036952_17322623.jpg

7月16日は「蛸と生ハムの塩麹入り冷製スパゲティ」をいただきましたが、蛸好き、生ハム好き、冷製パスタ好きの私にとって好みの味わい。
a0036952_17325359.jpg

塩麹入りというのも美味しさを増しているようですが、時折感じるつぶつぶした食感もちょっと面白く。ただこの評価は人によるかも。

パスタと言えば、定番のパスタメニューがレギュラー(180g)とラージ(360g)を選べるようになっています。レギュラーの価格がこれまでの価格と同様になっていますね。

ノンアルコールのイタリアンソーダ「ABBONDIO(アッボンディオ)」5種類も登場しています。
夏に相応しいイタリアンソーダ。ボトルはちょっとレトロ感のある魅惑的な女性の絵柄で、オヤジとしては惹かれるものが。。。
a0036952_17332887.jpg

どれをいただくか、ちょっと迷いました(味わいで選ぶか、ボトルの女性で選ぶか。。;;)が、この日いただいたのは味わいで選んだロッサ。「10種類以上のエキスを使ったジンジャーエールのテイスト。ほんのりビターで懐かしさを感じさせる香りとコク。」というものですが、カンパリソーダのような感じですね。ノンアルコールの食前酒(変な表現ですが)としてなかなかいい感じ。


修学旅行セットとして次のような表示をみることもあります。
・修学旅行セット                ¥1,000
  お好みの料理1つ+ジュース1つ
  ※4月22日・5月17日・6月7日は次の内容(選択肢)でした。
    料理 ・マルガリータ
        ・ソーセージときのこのピザ
        ・アマトリチアーナ風スパゲティ
        ・カルボナーラ
    ドリンク コーラ、ジンジャーエール、オレンジジュース、ピーチジュース、カルピス、メロンソーダ、ウーロン茶
  ※かつては料理は「マルゲリータピザ、カルボナーラピザ、アンチョビのペペロンチーノ、アマトリチアーナ風スパゲティ」からの選択だった事も。

※9月2日には「Anniversary Menu, New20 第3弾大ヨーロッパ祭編」のメニューが登場していました。
○特撰マルゲリータ         ¥1,800
  「もっちりとしたナポリ風生地の上には、現地直送のモッツァレラを使用。本場イタリアの贅沢な味をぜひご堪能ください。」
  今回使用するモッツァレラは、イタリア・カンパーニャ州ガゼルタ(モッツァレラ発祥の地)で作られた水牛の乳100%のチーズです。

※11月1日には「Anniversary Menu, New20 第4弾光の王国編」のメニューが登場していました。
○ピザ ア・ロトラート~厚切りベーコンとチーズの包みピザ~  ¥1,300
  「厚切りのベーコンとチーズを筒状に包み込んで焼き上げたピザ。とろ~りとろけだすチーズとベーコンの旨みが口いっぱい広がります。」

 また、11月1日には次のメニューも店外表示されていました。
○長崎県産きのこと近海産いかのスパゲティ   ¥1,500
  ソースは次の3種類の中から選択
  ・トマトソース  適度な酸味のトマトソースはきのこといかの相性抜群!
  ・クリームソース ポルチーニの香りが際立つ濃厚で贅沢な香りのスパゲティ
  ・オイルソース さっぱりとしたオイルベースのソースはきのこの味と香りを引き立てます。

○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。


                        メニュー
Anniversary Menu, New20 第2弾水と冒険の王国編
冷麺フェア
a0036952_17341467.jpg

  ※写真は12年7月16日にいただいた際のものです。
○蛸と生ハムの塩麹入り冷製スパゲティ      ¥1,200
 「今話題の塩麹と旬の蛸を使用した、夏にぴったりのさっぱりとした冷製パスタ。」

スタミナフェア
○わんぱくジャンボピザ             ¥2,500
 「昨年好評につき、今年も登場!子供たちに人気の具材を10種類以上トッピングし、通常のピザの2倍サイズで食べこたえあり!」
 ※小学生以下のお子様には、ソフトドリンク1杯付

ピッツァ
a0036952_226187.jpg

ピノキオ特製ポテトとベーコンのピッツァ           ¥1,050
  「ピノキオNo.1ピザ。高温で揚げた細切りポテトと自家製ベーコンをトッピング。カリッとした食感。」
  「カリッとしたポテトとサクッとしたピザ生地のハーモニーが絶妙」
  「子供から大人まで大好きな定番人気商品です♪当店人気No.1のピッツァ!」
  ※マッキーさんのレポ
  ※びおらさんのレポ
  ※さとゆみさんのレポ
・マルゲリータ                   ¥1,050
  「マルゲリータソース、モッツァレラチーズ、バジルのシンプルなピッツァ」
a0036952_033556.jpg

  ※写真は2005年にポルチッタ・ピノキオ・グランデでいただいたものです。メニューの写真で見る限り類似したもののように思いますが、若干異なるかも。
・カルボナーラのピザ                ¥1,050
  「スパゲティカルボナーラの食材をピッツァ生地に乗せて焼き上げたピッツァ」
・海老とベーコンのサラダ風ピザ           ¥1,250
  「女性におすすめヘルシーなサラダ風ピッツァ」
a0036952_14594085.jpg

4種のチーズピッツァ               ¥1,300
  「モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラ、パルメザン、グラナパダーノを乗せて焼き上げたピッツァ」
  ※Marchさんのレポ
  ※gwenさんのレポ
・生ハムとルコラのピザ               ¥1,300
  「ルコラ、生ハム、パルメザンをトッピングしたピッツァ」
a0036952_2263953.jpg

  ※写真は以前の「ナポリ風海の幸ピッツァ」。メニュー写真で見る限り類似したメニューのように思われますが、若干異なるかも。
・海の幸たっぷりピザ                ¥1,400
  「小エビ、アサリ、イカ、ライブオリーブを乗せて焼き上げたピッツァ」


パスタ
  ※レギュラー(180g)、ラージ(360g)
a0036952_18363033.jpg

  ※写真は12年12月16日に2階店でいただいた際のものです。
●自家製アンチョビのペペロンチーノ     レギュラー ¥1,000 ラージ ¥1,500
  「自家製アンチョビを使い、にんにく、唐辛子をバージンオイルで絡めたシンプルなパスタ」
●アマトリチアーナ風スパゲティ       レギュラー ¥1,000 ラージ ¥1,500
  「イタリア、アマトリチアーナ地方で作られた伝統的なパスタ。トマトベースに自家製パンチェッタが入った一品」
●娼婦のスパゲティ             レギュラー ¥1,150 ラージ ¥2,200
  「オリーブとモッツァレラチーズを使ったパスタ。魅惑のトマト味」
●カルボナーラ               レギュラー ¥1,200 ラージ ¥2,200
  「お子様から大人まで人気の一品」
●ボンゴレビアンコ             レギュラー ¥1,200 ラージ ¥2,200
  「アサリをふんだんに使ったオイルベースのパスタ」
●ボンゴレロッソ              レギュラー ¥1,200 ラージ ¥2,200
  「アサリを使ったトマトソースのパスタ」
●スモークサーモンのクリームソーススパゲティ   レギュラー ¥1,250 ラージ ¥2,300
  「スモークサーモンをクリームソースと絡めて仕上げたパスタ」
●自家製ミートソースのスパゲティ         レギュラー ¥1,300 ラージ ¥2,500
  「キノコをミートソースで絡めたパスタ」
●小エビとモッツァレラのタリオリーニ       レギュラー ¥1,400 ラージ ¥2,600
  「クリームベースの平たいきし麺状のパスタ」
●魚介たっぷりジェノベーゼ            レギュラー ¥1,500 ラージ ¥2,800
  「イカ、アサリ、小エビをジェノバペーストのソースで絡めたパスタ」
a0036952_2203286.jpg

  ※写真は11年6月26日にいただいた際のもの。レギュラーサイズ。
●森と海のスパゲティー ピノキオ風         レギュラー ¥1,600 ラージ ¥3,000
  「森と海の具材をたっぷり使ったオイルベースのパスタ」

サラダ
・シンプルなトマトサラダ              ¥600
  「新鮮なトマトを塩、胡椒、オイルで和えたシンプルなサラダ」
a0036952_7162093.jpg

  ※写真は09年のもので、現在のものとは若干異なるかも。というより”気まぐれ”ですから、その時々により異なるのかとも。
・気まぐれサラダ                  ¥600
  「季節の野菜を使ったミックスサラダ」
  ※みーさんのレポ
・海の幸サラダ                   ¥900
  「海老、イカ、アサリなどをふんだんに使い、バルサミコソースで仕上げたサラダ」

前菜
●自家製パンチェッタのグリル            ¥600
  「自家製パンチェッタをグリルした一皿。おつまみにどうぞ!」
a0036952_2205550.jpg

  ※写真は11年6月26日にいただいた際のものです。
・ハムの盛り合わせ                 ¥800
  「イタリアンハムと生ハムの盛り合わせ」

パン
・焼きたてフォカッチャ               ¥250
  「ピザ生地を当店のピザ窯で焼き上げました。あつあつのうちにどうぞ。」


ドルチェ(デザート)
・ジェラートの盛り合わせ              ¥500
  「2種のジェラート盛り合わせになります。」
・本日のデザート                  ¥560
  「シェフお勧めのデザートです。スタッフへお尋ね下さい。」
  10年7月15日は「苺のロールケーキとマンゴーのロールケーキにバニラジェラートを添えて」の表示が。

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2012-07-22 17:48 | ユトレヒト


<< 日本料理/吉翠亭(昼Part4) ピザ&パスタ/ピノキオ Part2 >>