デ アドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには早くても1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている(今のハウステンボスの流れ、ホテルヨーロッパの方向性からみていずれ復活するものと期待していますが)今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコードもありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典が用意されています。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

昨年から次々とスペシャルな企画が登場してます。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。29日に参加してきましたので、いずれ姉妹ブログでご報告したいと思っています。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。いずれ姉妹ブログでご報告したいと思っています。

また、今年は春のサンヴァンサン「お花見サンヴァンサン」にあわせて「~20th 春のサンヴァンサン ¥20,000ワインフェア~」の企画が!
ハウステンボスの秋の風物詩、”サンヴァンサン祭”。今年はハウステンボス20周年を記念して”20th お花見サンヴァンサン”として春に初開催。
ホテル・ヨーロッパもご来場の皆様に感謝の気持ちを込め、銘醸ワインが堪能いただけるワインフェアを開催いたします。
地元食材を使ったフレンチ料理と相性の良いベストマリアージュをお勧めいたします。ぜひこの機会にワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【期間】3月1日~5月6日 ※数量限定
【予約・問い合わせ】 0956-27-0561
【内容】下記の素晴らしいワインがいずれも1本¥20,000で!
SPARKLING WINE
ペリエ・ジュエ
○ベル・エポック 2000
モエ・エ・シャンドン
○ドン・ペリニョン 2002
クリュッグ
○クリュッグ グラン・キュヴェ
ココ・ファーム・ワイナリー
○ココ・ファーム ぐらん・のぼ 1998

WHITE WINE
コント・ラフォン
○ムルソー・クロ・ド・ラ・バール 2003
ジャン・フランソワ・コシュ・デュリ
○ムルソー 2004
ルフレーヴ
○ピュリニー・モンラッシェ・レ・クラヴォワイヨン 1985
エティエンヌ・ソゼ
○ピュリニー・モンラッシェ・レ・ペリエール 2005
○ピュリニー・モンラッシェ・ル・シャン・カネ 2003
ラモネ
○シャサーニュ・モンラッシェ・ブードリオット 2008
○バタール・モンラッシェ 2000
ボルドー
○パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2002
ソーテルヌ
○シャトー・レイモン・ラフォン 1987

RED WINE
サン・ジュリアン
○シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 1978
ポイヤック
○シャトー・ランシュ・バージュ 1995
サン・テステフ
○シャトー・カロン・セギュール 2003
サンテミリオン
○シャトー・フィジャック 1995
ポムロール
○シャトー・レヴァンジル 2004
アルマン・ルソー
○ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック 1995
○シャルム・シャンベルタン 2001
デュジャック
○クロ・サン・ドニ 1999
ユベール・ド・モンティーユ
○ヴォルネイ・タイユ・ピエ 2000
ジャン・ルイ・シャーヴ
○エルミタージュ 2001
ヴィニャ・エラスリス
○ヴィニエド・チャドウィック 2007


グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)

4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。いずれ姉妹ブログでご紹介できれば・・と思っています。

また、家庭でつくれるフレンチ料理教室の企画も
家庭でつくれるフレンチ料理教室の企画
 ホテルヨーロッパ メインダイニングで家庭でつくれるフレンチ料理教室を開催致します。
【日時】H23年12月7日 H24年2月8日 H24年4月18日 計3回
【時間】11:30より受付 11:45開始 14:30終了予定
【料金】¥4,500(税・サービス料込)
※定員16名予定
【内容】第1回 12月7日 スープ(オニオングラタンスープ)
            魚料理(真鯛のポアレ)
    第2回 2月8日  オードブル(魚介のマリネ)
            お肉料理(雲仙豚のロティ)
    第3回 4月18日 パスタ(トマトソース)
            サラダ(生ハム)
            クロックムッシュ(ホットサンド)
    全日講義の後、ランチ(オードブル、スープ、メインディッシュ、アイスクリームとシャーベット、コーヒー)
【問い合わせ・予約】0956-27-0561

こちらも、講義の後のランチも魅力で、ランチ代込で¥4,500は相当お得でしょう。かつてのクッキングスクールを思い出しますね。
水曜日ってのが、私には無理で残念。。。ご都合のつく方いかがでしょう。


以下は4月15日に利用した際の記録をもとに改定したものです。



といっても前回の投稿とメニューは同じです。
3月1日から春のメニューに一新しています。4月1日のグルマンの会の際にパスタセットが再登場しているのに気が付きました。4月9日からはレディースランチも期間限定で再登場しています。
8日に利用した際に、9日からレディースランチが登場する事。レディースとありますが、男性も利用できる(このあたりはその時々によって違いがあるかと。男性利用の場合は追加料金が必要なケースもありましたが、今回は差額なしで利用出来ました)という事を聞いていましたので、15日にいただいてきました。
a0036952_22113668.jpg

「長崎赤鶏のスモーク 野菜のソース添え」
低脂肪・高タンパクで鶏肉独特の臭みがないとされる長崎のブランド鶏「長崎赤鶏」を桜チップでスモークしたもの。しっとりとした身質の鶏肉が程よくスモーキーに。サラダ感覚でいただける一皿で、ソースもみじん切りした野菜を加えた酸味のあるドレッシングのようなもの。
a0036952_22115658.jpg

「ポタージュ パルマンティエ」はジャガイモのポタージュ。ジャガイモを普及させる事に尽力した農学者アントワーヌ・オーギュスタン・パルマンティエに由来し、ジャガイモを使った料理に「パルマンティエ(風)」という名前が付けられるようですね。
熱々のポタージュはまったりとジャガイモの旨みが楽しめます。カリカリベーコンを砕いたものが少々浮き身に使われていて味わいのアクセントになっています。
a0036952_22122657.jpg

「佐世保産的鯛のロティとトマトソースのフェデリーニ バジルの香り」。メニュー名通りのお料理で、ロティ(英語のローストと同意で、”焼く”事)した的鯛の存在感が際立ちます。トマトソースにバジルは鉄板の組み合わせ。
a0036952_22124923.jpg

「仔牛のファルシ 野菜のカネロニ仕立て マスタード風味」ファルシとは詰め物といった意味合いがあるようで、ここでは仔牛肉を使ったソーセージの様になっています。
a0036952_22131381.jpg

これを人参とズッキーニで巻いたカネロニ仕立て(カネロニは筒状のパスタなどの意味があるようです)にしたもので、一番下はポテトを使ったもので、その上にスナップエンドウとトマト。そしてカネロニ仕立てにしたものを乗せ、その上にも野菜が。マスタード風味のソースで。
a0036952_22134754.jpg

そしてメイン料理以上のメインとなるのが「幸せを感じる7種のデザートたち」
手前左手にあるのが、私が大好きな塩キャラメルのケーキで、時計回りに苺のムース、アプリコット(杏だったかと)のタルト、紅茶風味のクレーム・ブリュレ(アールグレイな味わいがクレームブリュレにぴったり!)、フルーツのジュレ&季節フルーツ添え、苺のシャーベット、バニラアイスといった内容でした。日によって多少内容は変わるかもしれませんが、質量ともに大いに満喫できる素敵なデザートですね。

「レディース」と銘打つだけあって、女性向きの内容で、見た目良く上品かつ繊細な味わい。デザートたっぷりな分、お料理の方はボリュームがありながらも野菜を多めに使ったヘルシー感のあるものになっているように思います。
「旨っ!」というようなお料理というよりも「あっ、美味し♪」といったお料理な気がします。ガテン系な料理が好きな方には向かないような気もしますが、この味わい・内容で¥2,980はかな~りお値打ちでしょう。他のメニュー、例えばパスタセットの¥2,800と比べても、あるいはワンプレートランチにスープとコーヒー等を追加したものが¥2,900となる事と比べても、そのお得さがお分かり頂けるかと。
デザートが楽しみ!って方は、このメニューでしょう。
ちなみにデザートと言えば、アンカーズラウンジでデザートブッフェが開催されますので、こちらもご注目♪

4月8日はパスタセットをいただいてきました。
a0036952_23464213.jpg

まずはビールをオーダー。この日はとってもいいお天気。ようやくチューリップも満開で、多くの人で賑わっていました。
パスタセットの前にアラカルトのオードブルをいただく事に
a0036952_2347916.jpg

選んだのは「長崎産魚介類のガトー仕立て 海藻オイルの香りにフレッシュトマトソースを合わせて」。
3種あるオードブルメニューのうち「地元産春野菜と鹿児島産ニジマスのマリネ ミモザ風」は下記のように「本日のおすすめコース」でいただきましたので、素敵なオードブルですが今回はパス。「長崎産魚介類のガトー仕立て」はセゾンのコースメニューに含まれていますので、いずれセゾンでいただくかも??と思いましたが「雲仙豚とフォアグラのテリーヌ 地元で採れた野菜のマリネ」はこの日の気分がフォアグラではなかった(さっぱり目のものがいいなァ。。と)ので。
見た目美しい一皿。お皿が二重になっていて、下の皿との間に海藻が彩りとして配されています。
ソースはその海藻にオリーブオイルをあわせた海藻オイルと、フレッシュトマトのソース。
a0036952_23473063.jpg

エビ、イカ、ホタテをグリーンマスタードで和えて、ズッキーニで巻いたもの。それぞれの食材の食感、風味が活きています。グリーンマスタードは控えめにスパイシー。上にたっぷりのせてあるのは鱒の子でしょうか。ぷちぷちの食感がいいアクセントになっています。
繊細で美しく、優しい味わいの一皿(20代の頃の私だったらあわなかったと思いますが)で、
a0036952_23475194.jpg

「ブルゴーニュ オート コート ド ボーヌ 2008 / ジャン・フィリップ・フィシェ」とともに堪能しました。
a0036952_23482226.jpg

パスタランチは2種のパスタから選択ですが、私がいただきたかったのは「キャベツとアンチョビ 桜エビのリングイネ」。
この時期は桜海老をいただきたくなります。
昨年のこの時期は「桜エビと春野菜のペペロンチーノ」を美味しくいただきましたが、たっぷりの桜海老の風味に加えて、みずみずしい春キャベツのやさしい甘さとドライトマトの酸味、アンチョビの風味が効いた今年のものの方がより好み。
a0036952_2348461.jpg

シャンパンとともに。
a0036952_234967.jpg

デザートはイチゴのシャーベットとバニラアイス。


3月4日は本日のおすすめコースをいただいてきました。
「小さなお皿のお愉しみ」は3種
a0036952_724884.jpg

最初は「シェフからの贈り物」。見た目良く、美味しいアミューズです。
a0036952_732282.jpg

サーモンのムース。まったりとしたサーモンのムースに爽やかなライムのジュレを散してあります。
a0036952_734621.jpg

魚のムースの上にはオーロラソース。周囲にカレー風味のターメリックのソースが。
a0036952_735721.jpg

トマトのムース、ジュレがドーム仕立てで。上にオリーブが。
a0036952_741767.jpg

続いては「地元産春野菜と鹿児島産ニジマスのマリネ ミモザ風」
こちらも春らしい実に綺麗な盛り付けです。
a0036952_743677.jpg

音楽が聴こえてくるかのよう。
a0036952_745346.jpg

ニジマスの軽い燻製をマリネしたもので、レモン風味で爽やかに。
a0036952_751082.jpg

ミモザ風に仕立ててあります。春を告げる黄色くかれんなミモザの花に見立てフランス料理では、卵をボイルし刻んで、グリーンの野菜にかけたサラダを「ミモザ風サラダ」というようです。ここでは乾燥オリーブの粉末の”黒”を合わせる事で”黄色”がより映えています。
ミモザはハウステンボスの誕生日である3月25日の誕生花でもあります。ハウステンボスでももっとミモザの花(現在フォレストパークにあると思いますが)を見ることが出来ると素敵かも。
a0036952_753456.jpg

3つ目は「ポタージュ パルマンティエ サンジェルマンのエキューム」
「パルマンティエ」はジャガイモをフランスの土地に合うように改良し、栽培に成功したフランスの農学者の名。この名が付いた料理には必ずジャガイモが使われるといいます。ここでもスープの中にジャガイモが。
「エキューム」は泡の意味。フランス料理において「サンジェルマン」の名前がつけられるものはいろいろあるようですが、パリ郊外サン・ジェルマン・アン・レがえんどう豆の産地であることから、えんどう豆を使った料理に多く付けられるようです。
サンジェルマンのエキュームという事で、えんどう豆のスープを泡立てたカプチーノ仕立てのスープのようです。軽やかに春の息吹が口中に広がります。
上に添えてあるクリスピーベーコンは砕いてスープの中に入れ、クルトンのようにしていただきます。素敵な味のアクセントですね。
a0036952_755165.jpg

メインは「佐世保産カワハギと魚介類のア・ラ・ナージュ 小海老の香り」
「ア・ラ・○○」は「○○風」といった意味で、「ナージュ」は「泳ぐ」という意味のフランス語。
「ア・ラ・ナージュ」は、「白ワインと野菜のブイヨンの中で魚介類や甲殻類を調理し、その煮汁をバターでつないでソースとして魚介類が泳ぐようにたっぷりと添えた」ような料理につけられるようです。
a0036952_761488.jpg

ここではチキンブイヨンに野菜、アサリの出汁を加えたスープの中、網焼きにしたカワハギが中央にデーンと存在感たっぷりに。
たっぷりと使われた小海老が風味豊かに味わいと香りのアクセントになっています。
a0036952_763082.jpg

「デアドミラル特製のデセール」は塩キャラメルのケーキにイチゴのシャーベットにバニラのアイス。

今回も素晴らしいランチでした。

 スパRINとのセットプランもランチメニューがリニューアルして継続しています。
スパ&ランチ
  美味しいランチを食べて、スパでボディトリートメント♪
  春のスパ&ランチのテーマは、“デトックス”。春野菜たっぷりの食事&むくみ緩和を目指したトリートメントを皆様にご提案いたします。健康な体と美しい肌を目指すちょっぴり贅沢なひととき。私たち”食”と”癒”のプロにどうぞお任せください♪
【期間】3月1日~6月30日
【内容】ランチ  日本料理「吉翠亭」 または フレンチ「デ アドミラル」
    スパ   The Life Spa RIN ウェルネス
【時間】吉翠亭・デ アドミラル   11:30~14:00
    The Life Spa RIN ウェルネス  11:00~21:00 (最終受付 19:40)
【料金】¥9,600 
     ※事前予約制
     ※¥3,000追加でスパメニューを60分コースに変更可。
【予約・問い合わせ】The Life Spa RIN ウェルネス TEL:0956-27-0503
    ※RINもアドミや吉翠亭も無料ゾーンにあります。予約時に車のナンバー等を伝えておくと、無料駐車場を利用する事も可能です。
【スパ内容】ボディートリートメント45分やアロマフェイシャルトリートメント45分の2種が用意されているようです。詳しくはこちらをご覧ください。
【アドミラル・ランチメニュー内容】
   地元産春野菜と鹿児島産ニジマスのマリネ ミモザ風
   ポタージュ パルマンティエ サンジェルマンのエキューム
   佐世保産カワハギのグリエ 大村産トマトサラダ添え
   アドミラル特製のデセール
   コーヒーまたは紅茶


今年もGWは通常メニューとは異なるメニューでの営業になるようです。
GW特別メニュー
【提供期間】4月28日~5月6日
ランチタイム 11:30~14:00
○特別ランチA         ¥3,000
  長崎産シビマグロのマリネ カレー風味
  ヨーグルト風味のヴィシソワーズ
  佐世保産カワハギのロティ ペルシャード風 バジル、トマトのソース添え
  季節のアイスクリームとシャーベット
  コーヒーまたは紅茶

○特別ランチB         ¥4,000
  長崎産シビマグロのマリネ カレー風味
  ヨーグルト風味のヴィシソワーズ
  特選黒毛和牛のソテー ソースポワヴラード
    ※1,000円アップでお魚料理を追加できます
  季節のアイスクリームとシャーベット
  コーヒーまたは紅茶

○お子様ランチ         ¥2,200
  長崎牛のハンバーグステーキとエビフライの取り合わせ
  シャーベットとアイスクリーム

ディナータイム 17:30~21:99 5月3日~5日は17:00~22:00
○特別ディナー「ルミエール」  ¥15,000
  スモークサーモンのムース キャヴィア添え
  長崎産シビマグロのマリネ カレー風味 ウニを添えて
  オマール海老のクリームスープ バジルの香り
  佐世保産スズキのロティ 長崎産アスパラ添え ノイリーソース
  長崎牛フィレのグリエ トリュフソース
  大村トマトのサラダ
  パティシエ特製 デ・アドミラルのデセール
  コーヒーまたは紅茶

○特別ディナー「グルマン」   ¥10,000
  コンソメジュレ、人参のピュレとウニのハーモニー
  フランス産 鴨のサラダ仕立て
  ヨーグルト風味のヴィシソワーズ
  佐世保産イサキのポワレ プロヴァンス風
  特選和牛の煮込みとロース肉のグリエ マスタード、カレー風味のソース
  大村トマトのサラダ
  パティシエ特製 デ・アドミラルのデセール
  コーヒーまたは紅茶

○お子様ディナーA        ¥3,500
  とうもろこしと野菜のクリームスープ
  長崎牛のハンバーグステーキとエビフライの取り合わせ
  シャーベットとアイスクリーム

○お子様ディナーB        ¥5,000
  鮮魚のマリネ
  とうもろこしと野菜のクリームスープ
  長崎牛のステーキとエビフライの取り合わせ
  パティシエ特製 デ・アドミラルのデセール


以下の価格は税・サービス料込み。

                   メニュー
~甘い誘惑、デザート満喫ランチ~
a0036952_2291950.jpg

  ※写真は12年4月15日にいただいた際のものです。
・レディースランチ            ¥2,980
【提供期間】4月9日~4月27日
  長崎赤鶏のスモーク 野菜のソース添え
  ポタージュ パルマンティエ
  佐世保産的鯛のロティとトマトソースのフェデリーニ バジルの香り
  仔牛のファルシ 野菜のカネロニ仕立て マスタード風味
  幸せを感じる7種のデザートたち
    1.フルーツのジュレ&季節フルーツ添え
    2.紅茶風味のクレーム・ブリュレ
    3.ガトーケーキ
    4.ムースケーキ
    5.タルトケーキ
    6.アイスクリーム
    7.シャーベット
  コーヒー または 紅茶
 ※「レディースランチ」とありますが、男性も利用可です。

パスタセット
a0036952_23442048.jpg

  ※写真は12年4月8日にいただいた際のものです。
・パスタセット              ¥2,800
  キャベツとアンチョビ 桜エビのリングイネ 又は トマト、バジル、ベーコンのフェデリーニ
  季節のサラダ
  パン
  ホテル特製アイスクリームとシャーベット
  コーヒー 又は 紅茶

セット・コースメニュー
a0036952_2229335.jpg

   ※写真は11年1月10日にいただいた際のもので、この日の魚料理は「ヒラメの香草焼き ペルシャード風」
a0036952_22304252.jpg

   ※写真は11年1月10日の肉料理で「鶏肉のロティ トマトソース バスク風」
・ワンプレートランチ           ¥1,800
  本日のおすすめディッシュは、魚料理又は肉料理より選択
ワンプレートランチ追加セットメニュー ワンプレートランチオーダーの場合のみ
a0036952_22315332.jpg

   ※写真は11年1月10日のもので、トウモロコシのクリームスープ
 ・野菜たっぷりのクリームスープ    +¥800
 ・コーヒー、紅茶又はハーブティー   +¥300

a0036952_76549.jpg

  ※写真は12年3月4日にいただいた際のものです。
・本日のおすすめコース         ¥4,000
  小さなお皿のお愉しみ
   シェフからの贈り物
   地元産春野菜と鹿児島産ニジマスのマリネ ミモザ風
   ポタージュ パルマンティエ サンジェルマンのエキューム
  佐世保産カワハギと魚介類のア・ラ・ナージュ 小海老の香り
  デアドミラル特製のデセール
  コーヒー または 紅茶

a0036952_13392483.jpg

  ※写真は11年11月20日にいただいた冬のコースです。
・セゾン                 ¥7,000
~春のコース~
【提供期間】3月1日~
  アミューズ
長崎産魚介類のガトー仕立て 海藻オイルの香りに フレッシュトマトソースを合わせて
  佐世保産的鯛のロティ スパイシーなソースラングスティーヌ レモンの香りを添えて
  ゆっくり火を入れした雲仙産豚ロースを、シャリアピンスタイルで
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶

オードブル
・雲仙豚とフォアグラのテリーヌ 地元で採れた野菜のマリネ  ¥3,000
・地元産春野菜と鹿児島産ニジマスのマリネ ミモザ風     ¥2,800
a0036952_23405484.jpg

  ※写真は12年4月8日にいただいた際のものです。
・長崎産魚介類のガトー仕立て 海藻オイルの香りにフレッシュトマトソースを合わせて ¥2,500

スープ
・ポタージュ パルマンティエ サンジェルマンのエキューム  ¥1,400
・桜香る長崎赤鶏のスープ                 ¥2,200
a0036952_2336275.jpg

  ※写真は11年5月29日にいただいた「コンソメジュレ 人参のピュレ ウニを添えて ¥2,000」
・コンソメジュレ 人参のピュレとウニのハーモニー キャヴィア添え ¥2,800

魚料理
・佐世保産カワハギと魚介類のア・ラ・ナージュ 小海老の香り ¥3,400
・佐世保産的鯛のロティ スパイシーなソース レモンの香りを添えて ¥3,600
・ブルターニュ産オマール海老、佐世保産水イカ、大島トマトのブイヤベース仕立て ¥8,000

肉料理
・雲仙豚ロースをゆっくり火入れ シャリアピンスタイルで   ¥3,500
・長崎牛フィレ肉のグリエ バリグール風            ¥9,300

サラダ
a0036952_23374748.jpg

a0036952_2338945.jpg

  ※写真は11年5月29日のディナータイムにいただいた「初夏の野菜のサラダ」。
・春野菜のサラダ(取り分けサーヴィス致します)      ¥1,800
・大島トマトのサラダ クルミ風味             ¥2,200
・長崎グリーンアスパラのサラダ キャヴィア添え      ¥2,800

フロマージュ
a0036952_2048132.jpg

  ※H19.9.23.
a0036952_7133396.jpg

  ※H20.6.12.
a0036952_2148523.jpg

  ※H20.11.2.
a0036952_115347.jpg

a0036952_1152250.jpg

  ※写真はH20.12.21.にいただいた「フランス産ナチュラルチーズの盛り合わせ」。クリスマススペシャルバージョンでいただいています。写真左はルブローション、サントモール、中央はカマンベール、ミモレット、右はロックフォール。スプーンにモンドール(トロトロで美味)。いずれも状態良く美味。
a0036952_048957.jpg

  ※H21.5.10.
a0036952_23313947.jpg

  ※写真は09年11月19日にいただいたもの。「ブリー、ルブローション、ブリヤサヴァラン、ロックフォールにミモレット」
a0036952_5263699.jpg

  ※09年11月22日
a0036952_14244676.jpg

  ※09年12月24日
a0036952_14255594.jpg

a0036952_9303471.jpg

  ※10年2月7日
a0036952_23143686.jpg

  ※写真は10年3月11日のもの。
・ナチュラルチーズ盛り合わせ      ¥2,000

単品料理
a0036952_14221941.jpg

a0036952_14223698.jpg

  ※写真は09年12月24日にいただいたもの。
a0036952_7404591.jpg

  ※写真は10年4月29日にいただいたもの。
小海老とマッシュルームのカレー(サラダ付)   ¥1,700
a0036952_14214181.jpg

a0036952_14211868.jpg

  ※写真は09年12月29日にいただいたもの。
・ビーフカレー(サラダ付)     ¥3,000
a0036952_1435636.jpg

a0036952_16291256.jpg

  ※写真(ランチプレートとデザート。これにパンもついていたとか)を提供していただきました(ありがとうございます)。あまりにも美味しそうで、撮影終了を待ちきれなかった様子がうかがえるのが、微笑ましいですね。現在は内容が変わっているかもしれません。
・お子様ランチ           ¥1,800
  国産牛フィレ肉のサイコロステーキと車海老のフライ
  バターライスとポテト添え
  アイスクリームとシャーベット
  パン付
 ※小学生以下のお子様対象です

デセール(デザート)
・デ アドミラル特製デザートの盛り合わせ   ¥1,100
・自家製シャーベットとアイスクリームの盛り合わせ  ¥700
・コーヒー、紅茶又はハーブティー       ¥600

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2012-04-15 22:14 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< レンブラントホール(GWファミ... ピザ&パスタ/ピノキオ >>