日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】人出が多いと予想される日など、出来るだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間~1時間半。夜は2時間~時に3時間以上(時間掛け過ぎですが;;御膳料理だと比較的時間はかからず、会席料理だと食事のペースにあわせて料理が運ばれてきますので、ある程度時間を要します。)かけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めのものがいろいろ。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


また、10年7月17日よりフリーゾーン内に西肥バスが乗り入れを開始しています。ハウステンボス入国口から利用する場合は6番バス乗り場に1時間に1~2便(曜日により変動)発着(季節催事等によりフリーゾーンへのバス乗り入れが制限される場合もあるとか)し、ハウステンボス入国からの運賃は150円、所要時間は5~6分程度とか。
a0036952_16474169.jpg

a0036952_16482100.jpg

場内のバス停はホテルヨーロッパ前と、ハウステンボス港町の2か所。
バスの時刻表はこちらから。
佐世保市やハウステンボス近隣にお住まいの方は、時に自分へのご褒美として吉翠亭での食事を楽しみに足を運ばれるのもよろしいのではないでしょうか。

 ※現在月2回、第2第4木曜日のランチタイムに寿司バイキングが行われ好評を博しています。その内容は以下のようなものです。
【時間】11:30~14:00(ラストオーダー)
   ※利用時間 60分間
   ※料理長お任せ寿司を提供後より開始
【内容】最初は料理長お任せ寿司と赤出汁または吸い物。
    その後以下をお好きなだけ
      ・寿司(各種)
      ・季節の天麩羅(五種盛り)
      ・地魚料理
      ・茶碗蒸し
      ・赤出汁or吸い物
      ・甘味
【料金】大人3,500円(中学生以上) 小学生1,750円 幼児800円
【予約】TEL:0956-27-0414(吉翠亭直通)
【その他】誕生月の方にはプレゼントが用意されているようですので、誕生月である事を示すもの(免許証・保険証等)を持参されてください。

a0036952_7415480.jpg

 10年7月8日に利用してきましたが、姉妹ブログで御紹介していますので、宜しかったらこちらからご覧ください。9月23日も利用しましたが、その時によって寿司の内容は変わっていますので、繰り返し利用する楽しみがあります。
2011年も毎月第2・第4木曜日に開催されるようですので、お楽しみ下さい。
 3月10日の寿司バイキングのお品書きは次のようなものでした。
 寿司各種
  穴子、海老、小鮪、細魚(さより)、烏賊、鯛、鰹、鰆、サーモン、いくら
  鯵棒寿司、鯖棒寿司、煮帆立、ミル貝、玉子、稲荷、月見とろろ、ねぎま、サラダ巻、鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻
 天婦羅五種
 茶碗蒸し
 鯛の兜煮
 網鰈の一夜干し
 お吸い物
 赤出汁

 桜餅
 山葵プリン
 山葵アイス

a0036952_1494871.jpg

 最初に料理長お任せのお寿司が。
 左上から玉子、海老、サラダ巻、いくら、稲荷、鯵、鯛、鰹、鰆。
 いずれも美味しいのですが、
a0036952_14125768.jpg

 鰹がいい仕事がされていて、他ではいただいた事のないものでした。
a0036952_14134879.jpg

 制限時間内は、好きなものを好きなだけ♪
a0036952_14142440.jpg

 左上から小鮪、煮穴子、ミル貝、細魚、烏賊、サーモン。
a0036952_14163063.jpg

 左上からねぎま、月見とろろ、鯖棒寿司、鯵棒寿司、かっぱ巻
 いずれも美味しく。。
a0036952_14175842.jpg

a0036952_14181670.jpg

 天麩羅は海老に魚に南瓜、万願寺に蕗の薹だったでしょうか。
 ワンランク上の天麩羅です。
a0036952_14194340.jpg

 桜餅に
a0036952_14201326.jpg

a0036952_14203165.jpg

 山葵プリン!山葵は効きすぎず、いい感じなミルキーな和風プリンといった感じでしょうか。

a0036952_743536.jpg

 また、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。昨年3月に第1回が開催され、第2回が7月11日(日)のお昼に行われました。第2回のテーマは鱧と夏野菜の京料理「清涼の宴」で素晴らしい会でした。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。
a0036952_2342055.jpg

 第2回のレポ、興味のおありの方はこちらをご覧下さい。
a0036952_2253629.jpg

第3回は10月3日に行われました。第3回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_23313643.jpg

第4回は1月23日に開催されました。第4回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_11553117.jpg

第5回は4月24日に開催されました。こちらも素晴らしい会でした。第5回のレポはこちらにアップしています。
第6回は7月10日(日)、第7回は10月2日でした。
a0036952_2351893.jpg

第6回のレポはこちらにアップしています。
第7回もいずれご紹介したいと思います。

下記は10月16日に利用した際の記録を元に改定したものです。



季節の祝祭御膳、ミニ会席、松花堂弁当の内容が新たになっています。ベジタブル御膳の内容も変更になっているかと。単品メニューも一部入れ替わりがあります。
10月16日はミニ会席+αをいただきてきました。
仕入れ等の関係(以前いただいたものと違うものにしようと変更していただける場合もあるようです)で日によって内容が変わる事のある吉翠亭のメニューですが、この日もいろいろと変更がありました。
a0036952_2384684.jpg

この日の先付は〆鯖。いい塩梅の美味しさ。お酒が進みます。
a0036952_2392838.jpg

八寸です。とても風雅な盛り付けです。
メニューには季節の五種盛り(子持ち鮎甘露煮 鱒菊花寿司 鰻東寺揚げ 鯛腸和え)とありますが・・
a0036952_2394333.jpg

左上は柿膾。食感の違いが魅力的。右上はサーモンのお寿司に子持ち鮎甘露煮。左下は萩玉子に唐墨チーズ。右下は鯛腸和え。
唐墨チーズは秋の美食の会でも提供されたもので、パウダー状にした唐墨をチーズとあわせたもの。ねっとりとして風味が良い一品。
a0036952_23101025.jpg

椀物は秋の沢煮椀で、メニューには「秋鱧 三度豆 散し麩 秋茗荷 金紙 針人参 柚子」とあります。
a0036952_23102617.jpg

沢煮椀は、一般にたっぷりの野菜の千切りと、霜振りした豚肉の脂身を、吸い地でさっと煮て作る吸い物の事で、”沢”には具沢山の意味と、あっさり薄味という意味合いがあるとか。とてもいい味わい。
a0036952_23104747.jpg

造りはこの日はカジキにアオナにウニ。アオナはハタ科の高級魚。
a0036952_23105991.jpg

焼物はメニューには「鯥黄身たれ焼き 芥子蓮根 葉地神」とありますが、この日いい秋刀魚が入っているという事で秋刀魚をいただける事に。これがとっても美味。長崎でいただく秋刀魚の中ではめったにない上物で、ハラワタもいい味わい。ペロリといただきました。
a0036952_23115895.jpg

次にいただいたのは、ミニ会席のメニューにはないものですが、揚物を。アドミのキノコフェアでいただくものがとても美味しいので、こちらでもキノコの天麩羅を。
a0036952_2312339.jpg

松茸に占地に舞茸に椎茸、万願寺。フランスのキノコもとても美味しいものでしたが、和のキノコもとても美味。
a0036952_2313949.jpg

蓋物はメニューには「山科茄子 海老芋 大黒占地 鱶鰭餡 露生姜 柚子」とありますが、この日いただいたのは甘鯛を中心にしたもの。いいお味です。
a0036952_23132822.jpg

食事はメニューには「鰹飯 香の物 留め椀」とありますが、この日いただいたのは煮烏賊寿司。
a0036952_23134529.jpg

水菓子は「アールグレイのアイス 柘榴 ミント」ですが、この日いただいたのはカボチャのプリンで黒蜜をつけていただきます。
今回もとても美味しく満足なミニ会席でした。

期間限定メニューとして、ファミリエ会員限定のスペシャル会席の秋バージョンも引き続き提供されています。9月と10月では一部内容の変更もあるようです。
 ※daydreamerさんのレポ
このスペシャル会席はお昼でも夜でもいただく事が出来ます。
9月11日のお昼にいただいてきました。
a0036952_4343864.jpg

まず先付けで、萩豆富 旨出汁。初秋を告げる萩の花にみたてた萩豆富は小豆や枝豆が使われています。ぷるんとした食感のくず豆富のようですね。
a0036952_435686.jpg

二菜(ニサイ)は羽二重蒸し。蓋をあけるとユズの香りがふわっと立ち、松茸の香りも。百合根のほっこりした食感も絹織物の羽二重のように、白くてなめらかな茶碗蒸しの心地よいアクセントに。スッポンも使われた贅沢な一品です。
a0036952_4353784.jpg

続いて八寸。恵みの盛り合わせですね。
a0036952_43677.jpg

締め鯖と紅白膾。
a0036952_4362597.jpg

鱧の小袖寿司。夏の名残を惜しむ味ですね。細いかまぼこ型に布巾じめにしたお寿司で切り口の断面が着物の袖のような形になるので、小袖寿司と呼ぶと言います。
a0036952_436519.jpg

銀杏(サックリした食感でやや控えめな塩気が良い感じ)にイチョウの形にした丸十(サツマイモの事。薩摩藩島津氏の家紋が丸に十字であることに由来して日本料理の世界では丸十と呼ぶことがあります)。ねっとりとした食感でコクのある自家製唐墨にさっぱりシャッキリの大根(こちらもイチョウの形に)は相性抜群の組み合わせ。柿玉子は、黄身を(たぶん)西京味噌に漬けたねっとり濃厚な味わいで好きな小品。
a0036952_4371336.jpg

土瓶蒸しは名残の鱧に走りの松茸を使った最高の出会いのもの。他に海老に三つ葉、銀杏が使われています。好みで酢橘を絞っていただきますが、芳醇な香りと旨みを存分に含んだ上品な出汁の味わいが素敵です。
a0036952_4374586.jpg

造りはトロに鯵にあおな。それぞれに吟味されたもの。
a0036952_438475.jpg

焼物は鱒とイクラの友焼きでとても美味。それ以上に驚いたのは丹波占地。ブナシメジとは全くの別物ですね。
a0036952_4382880.jpg

ザックリ、シャキシャキした食感で噛むほどにじわっと風味が広がり、溶けていく。。。とっても美味。他に茄子にオクラが使われています。
a0036952_4384551.jpg

蓋物は落ち鮎、栃餅、椎茸、紅葉卸、洗い葱、振り柚子を使ったもの。栃餅の揚げだしはトロリととろける美味しさ。出汁がとっても美味しく、ピリ辛の紅葉おろしがいいアクセントになっています。
a0036952_4391290.jpg

食事は菊花雑炊。香りが良く、滋味ある味わい。鯛かなにか細かくした白身魚も使われています。
a0036952_4392843.jpg

香の物、三種がつきます。
a0036952_4394454.jpg

甘味はマロンプリンにイチヂクのコンポート。

夏のファミリエ会席も素敵でしたが、秋バージョンも素敵です。

「海鮮御膳 2,310円」も手頃な価格で吉翠亭の味を楽しめるメニューとして人気ですが、
a0036952_23322855.jpg

「茶蕎麦セット」も茶蕎麦に天麩羅・お寿司がついて1,980円はお得です。
これまで以上に幅広く利用できる吉翠亭ですね。
a0036952_440458.jpg

a0036952_4401719.jpg

 さりげない飾り付けも実に風雅です。

 四季を感じ、旬の味覚を素敵にいただけるのはとても喜ばしい事ですね。

 スパ&ランチプランも魅力です。
スパ&ランチ
  美味しいランチを食べて、スパでボディトリートメント♪
  テーマは、心と体の “Balance(バランス)”。
 『食』と『癒』のプロが、内(内臓)・外(肌・筋肉)の両面から「癒しのお手伝い」をさせていただきます。
  『食べる』ことは体を作ること。
 偏りがちな食事は自律神経のバランスを乱し、体や肌に様々な影響を与えます。
 今回、体を作る基本・5大栄養素をバランスよく取り入れたオリジナルメニューを、日本料理「吉翠亭」料理長 松元孝喜 ・ フレンチ「デ アドミラル」シェフ 日下部誠が考案しました。
 季節の食材が多く取り入れられているのも魅力的。季節の食材は、栄養度も高く、疲れた体にエネルギーを与えてくれます。
【期間】2011年2月1日(火)~
【内容】ランチ  日本料理「吉翠亭」 または フレンチ「デ アドミラル」
    スパ   The Life Spa RIN ウェルネス
【時間】吉翠亭・デ アドミラル   11:30~14:00
    The Life Spa RIN ウェルネス  11:00~21:00 (最終受付 19:40)
【料金】¥9,500  ※事前予約制
【予約・問い合わせ】The Life Spa RIN ウェルネス TEL:0956-27-0503 (10:00~20:00)
    ※RINもアドミや吉翠亭も無料ゾーンにあります。予約時に車のナンバー等を伝えておくと、無料駐車場を利用する事も可能です。
【スパ内容】ボディートリートメント45分やアロマフェイシャルトリートメント45分の2種が用意されているようです。詳しくはこちらをご覧ください。
【吉翠亭・ランチメニュー内容】
   小鉢 萩豆富 山葵出汁
   椀物 茸と海老の土瓶蒸し
   中皿 秋鱒といくらのサラダ仕立て
   焼き物 秋茄子のグラタン
   蓋物 鼈巻織 無花果 紅葉麩 焼き葱 芥子餡
   食事 掻揚げ蕎麦 
   甘味 和風マロンプリン
  ※季節によりメニューが異なっています。


その時々の旬の食材、その日入る良い食材でメニューが組み立てられていますので、同じメニューであっても時期により、日により内容が変わるようです。写真はいただいた日付を記載してありますので、特に月日が経っているものにつきましてはご参考程度にご覧下さい。
○印が内容変更が確認できたもの、新たに登場(及び再登場)したものです。
●印は内容変更・マイナーチェンジしていたものです。

現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、吉翠亭のランチタイムメニューでは下記祝祭御膳とミニ会席が対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトからご覧下さい。


下記価格は税・サービス料込み価格です。


                   メニュー
ファミリエ限定スペシャル会席
  すっぽん、うなぎ、伊万里牛を使用した、ファミリエ会員様だけお召し上がりいただけるスペシャルメニューです。ご予約・ご来店時、スタッフへお申し付け下さい。
【提供期間】9月1日~11月18日?
【提供時間】17:30~21:00
  ※ランチタイムにお願いする事も出来るようです。
a0036952_433558.jpg

  ※写真は11年9月11日にいただいた際のものです。
●秋のスペシャル会席        8,000円
 以下の内容は私の記載による(メニュー表示を見ていませんので)もので、不正確かと。
  先付 : 萩豆富 旨出汁
  二菜 : スッポン羽二重蒸し
  八寸 : 締め鯖 鱧の小袖寿司 銀杏 丸十 自家製唐墨 柿玉子他
  椀物 : 土瓶蒸し(鱧 松茸 海老 銀杏 三つ葉 酢橘)
  造り : 本日のお造り三種
  焼物 : 鱒とイクラの友焼き 丹波占地 茄子 陸蓮根(オクラ)
  蓋物 : 落ち鮎 栃餅の揚げ出し 椎茸 紅葉卸 洗い葱 振り柚子
  御飯物 : 菊花雑炊 香の物
  甘味 : マロンプリン イチヂクのコンポート

 ※市場の都合により内容が変更する場合があります。

セットメニュー
a0036952_23322855.jpg

・茶蕎麦セット         1,980円
  茶蕎麦(温または冷)
  天麩羅(5種)
  寿司(7種)

季節メニュー
  ※下記メニューは市場の都合により内容が変わる場合が。
a0036952_2116328.jpg

  ※08年10月2日にいただいた際のもの
a0036952_742090.jpg

  ※09年10月4日にいただいた際のもの
●神無月 晩秋御膳        3,675円
  先付け : 柿膾 いくら 針柚子
  造り  : 赤身 烏賊菊花造り あしらえ一式
  口取り : 玉蒲 小串 ざっこ海老龍田揚げ 鰹冷燻酒盗和え 穴子東寺揚げ 海老旨煮 紫頭布 栗蜜煮 秋刀魚炙り寿し
  吸物  : 鰻豆富 海老葛打ち 茶樹茸 銀杏南京 紅葉人参 柚子
  蓋物  : 小芋 山科茄子 鯛あら煮 人参 絹莢 柚子
  御飯物 : 鰊蕎麦(HPには辛味蕎麦)
  水菓子 : マロンアイス毬盛り ミント

a0036952_237639.jpg

  ※11年10月16日にいただいたものですが、下記とは内容が異なります。
●神無月 ミニ会席        6,340円
  先付け : 秋鯖生寿司
  八寸  : 季節の五種盛り(子持ち鮎甘露煮 鱒菊花寿司 鰻東寺揚げ 鯛腸和え)
  椀物  : 秋の沢煮椀 秋鱧 三度豆 散し麩 秋茗荷 金紙 針人参 柚子
  造り  : 大鯵 赤身 車海老 あしらえ一式
  焼物  : 鯥黄身たれ焼き 芥子蓮根 葉地神
  蓋物  : 山科茄子 海老芋 大黒占地 鱶鰭餡 露生姜 柚子
  食事  : 鰹飯 香の物 留め椀
  水菓子 : アールグレイのアイス 柘榴 ミント

昼のコース
a0036952_17265139.jpg

a0036952_1727182.jpg

  ※写真は08年5月5日にいただいたものです。現在の内容とは異なります。
●松花堂弁当          4,030円
  造り・口取り・揚物・焚き合わせ・小鉢・ご飯・椀物・水菓子
【10月のメニュー】
  造り : 大鯵 赤身 あしらえ一式
  椀物 : 鰻豆富 鯛 芽葱 散し麩 松葉柚子
【松花堂本体】
  小鉢 : 柿膾
  口取り : 小巻玉子 新丸十栂ノ尾煮 秋刀魚炙り寿司 紫頭巾 小串 鱧の子袱紗 秋鱒龍飛巻き
  揚げ物 : 穴子東寺揚げ 海老銀杏衣揚げ 小茄子 南瓜 椎茸 万願寺 藻塩
  煮物  : 小芋 鯛あら煮 山科茄子 紅葉麩 絹莢 木の芽
  御飯 : 茸と栗の炊き込み御飯 赤出汁 香の物
  水菓子 : マロンプリン 栗チョコ檳榔 ミント

a0036952_7272629.jpg

  ※09年8月9日のもの。現在の内容とは異なります。
・ベジタブル御膳        4,030円
  口取り・吸い物・造り替わり・焼物・蒸し物・蓋物・御飯・椀物・水菓子
・季節の御造り御膳       3,230円
  小鉢・椀物・造り・焚き合わせ・ご飯・水菓子
  ※sayuriさんのレポ
a0036952_1431873.jpg

a0036952_1434689.jpg

  ※写真は07年12月6日にいただいたものです。
・旬彩天麩羅御膳        2,880円
  小鉢・天麩羅・蒸し物・御飯・水菓子
a0036952_2253179.jpg

  ※写真は10年5月6日にいただいたものです。
・海鮮御膳           2,310円
  造り : 本日のお造り二種
  煮物 : あら炊き 季節野菜
  焼き物 : 本日の焼き魚
  蒸し物 : 茶碗蒸し
  食事 : 次の3つから選択
    地魚天婦羅と五島饂飩(温・冷)
    御飯・海鮮赤出汁
    海鮮散し寿司・赤出汁
  甘味 : 特製甘味
mattariのレポ

・御子様弁当          2,070円
  肉料理・口取り・天麩羅・赤出汁・水菓子
 ※季節により内容が変わる事があるようですが、1月の内容は次のようなもののようでした。
   肉料理  : 牛ばら肉 茄子 玉葱 蓮草の煮物
   胡麻豆腐 : 菊花二色 椎茸 美味出汁
   御飯物  : 笹巻き寿司 紅白俵御飯 切り胡麻
   口取り  : 煮玉子 鮭照り焼き 自然鶏唐揚げ 栗 ジャーマンポテト サラダ菜
   天婦羅  : 海老 白身 茸 小芋 パプリカ
   赤出汁  : 竹輪 なめこ 三つ葉
   水菓子  : ホテル特製アイス

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2011-10-23 23:13 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< デ アドミラル(ディナーPart3) 日本料理/吉翠亭(昼・夜Part2) >>