オークラウンジ(Part1)

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのラウンジ、オークラウンジの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内
【営業時間】14:00~23:30
     ※14:00~17:00 ロビーラウンジ喫茶営業
     ※17:00~23:30 バーラウンジ営業
     ※4月1日より17:00~23:30になっているようです。

ハウステンボスの場内ホテル(ホテルヨーロッパ、デンハーグ、アムステルダム)にはそれぞれに個性的なラウンジがあり、それぞれに魅力的でした。デンハーグが休館となり、お気に入りのティークリッパーもクローズ中。。。
そして、アムステルダムにあって、隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったオークラウンジ。
オークラウンジはホテルアムステルダムのメインダイニング アクールヴェールのリニューアル工事に伴い、その隣にアクールヴェールカフェがオープンするのに伴い、08年11月14日をもって営業を終了する事に。
その後、宿泊者用の休憩スペースとして活用されていましたが、10年1月9日より3月末までワインバーとして期間限定で営業していました。
4月に入り再びクローズとなりましたが、嬉しい事に7月頃から?営業を再開しています。

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルートがあります。
a0036952_011752.jpg

a0036952_2119216.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_21181446.jpg

 上の写真(10年9月撮影)のラウンジ入り口左手にカウンター(客席はありません)があり、(右手にはレジがありました)そこから直接見えない位置にも席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いような気がしています。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
 上の写真はかつてオークラウンジが営業していた時期の写真です。
 ソファの配置等は時折変わっています。
 以下は10年1月10日・11日に撮影したもの。
a0036952_14121174.jpg

a0036952_14123011.jpg

a0036952_035622.jpg

 ちなみにこの記事のトップの写真は10年2月28日に撮影したもので、次の写真は7月18日に撮影したもの。 入口あたりにも席が設けてあります。
a0036952_2228789.jpg

 かつてあったレジはこの日はなく、テーブルチェック若しくはカウンターでの支払いになっています。
 そして、次の写真は10年9月に撮影したもの。
a0036952_2120739.jpg
 
 よりゆったりした配置になっています。現在は昼間も14時から営業してくれており、ゆったりとした午後を過ごすのに、もっとも適した空間の1つだと思っています。
a0036952_004946.jpg

a0036952_012166.jpg

 ナイトタイムもなかなか。メニューも以前よりも充実し、ワイン、カクテルなどのアルコールの他、紅茶等の用意もあり、グラスを傾ける方も、お酒を飲まない方にも楽しめる空間になっているように思います。
フードメニューのアイテムは限られていますが、クロックムッシュ(ハム、チーズ等を挟んだホットサンド)など私の好みのものもあり、軽食(私はハウステンボスでは昼をしっかりいただいて、夜は軽めにいただく事も多いのです)としての利用も良さそうです。

a0036952_23174553.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
a0036952_23182734.jpg

 昼下がりにゆったりと寛ぐのにも良いですし、夕刻に暮れなずんでゆく窓外の情景をのんびり眺めながら過ごすのも大好きです。
a0036952_2319424.jpg

a0036952_23193063.jpg

かつてヴィノテークで味わった時間が(まったく同じとはいきませんが)ここにあります。

 一日の締めをここで過ごすのも良いですが、人出の多い週末などは満席の時も。

 日によって時間や奏者は変わってくるかとも思いますが、ロビーコンサートも行われています。
9月5日・20日・23日に表示(ロビーに表示がありますので、興味のある方はご確認下さい)されていたのは。。。
a0036952_2120586.jpg

   19:30~
   20:10~
   20:40~
   21:20~
   22:00~
10月11日、11月3日、4月10日・29日も同様でした。
a0036952_14405228.jpg

 1月9日はピアノで素敵な演奏でした。改めてじっくり楽しんでみたいと思っています。

 コンサート時間が変更になったり、休演日(全て休演になるわけではないようですが)もありますので、ロビーにてご確認下さい。
a0036952_21212849.jpg

a0036952_21265417.jpg

 オークラウンジが満席の時など、ロビーでもドリンク等をいただけるようになっていました。

a0036952_20413484.jpg

 昼下がりのひと時に、食前・食後に、イベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

以下は6月2日夜に利用した際の記録を基に改定したものです。



a0036952_18385761.jpg

シェリーフェアが引き続き開催されています。
a0036952_17544762.jpg

当初3種でスタートしたシェリーフェアですが
a0036952_1743670.jpg

4月29日にはラインナップが増えていました。
シェリーのフェアは珍しいように思いますが、辛口から甘口まで持ち味の異なるものが5種用意されており、飲み比べてみるのも一興。
予想以上に好評だとか。一番人気はやはり日本人にも良く名が知られている「ティオ・ペペ」でしょうか。
a0036952_18392763.jpg

シェリーは欧米特にイギリスでは食前酒として大人気だとか。吉田茂氏の長男・吉田健一氏はティオ・ペペをこよなく愛されたようで、「酒 肴 酒」という本の中で「辛口の上等な日本酒を葡萄で造ったような酒」「このシェリーは上等のブランデー、あるいは日本酒と同様に色が薄くて、そしてちょうどその極上の日本酒に近い味がする。」「ナッティーな香りとトロリとした舌触りが独特。口中が爽やかにもなる。ちびちびやっていると(アルコール度数がやや高いのでぐいぐいとは飲めない)、不思議に食欲が湧いてくる」と表現されているようです。
シェリーは熟成法により「フィノ」と「オロロソ」に大別され、アルコール度数16度以内がフィノ、超えるものをオロロソと呼ばれています。フィノは薄い色調で繊細な味わい、オロロソは琥珀色で独特の芳香を持つとされています。
このフェアでは、それを飲み比べ味わい比べる事が出来ます。
「ティオ・ペペ」もフィノになりますが、他に「ドライ・サック・フィノ」も用意されています。「ティオ・ペペ」よりも繊細・さっぱりした印象を受けました。ハウステンボスを散策し汗をかいた後の一杯には「ドライ・サック・フィノ」の方が私には向いていましたが、こちらはストレートで飲みたい感じで、割ると個性をあまり味わえないのでは?そんな気が。
オロロソとしては「アルフォンソ・オロロソ・セッコ」が用意されています。「高級葉巻のような」と評されるほんのりスパイシーな味わいと素敵な琥珀色を楽しんでみるのも一興です。
シェリーの味わいは甘口、極甘口、辛口に大別されますが、それぞれを味わえるのもこのフェア。
甘口の「ハーベイ・ブリストル・クリーム」、極甘口の「ピノ・デ・モスカテル」が用意されており、食後酒としてとても良い感じです。デザートワインのような感覚で楽しめ、デザートワインよりかなりお手頃価格です。特に女性には喜ばれるのではないでしょうか?
私はまだ「ハーベイ・ブリストル・クリーム」はいただいていないのですが、「ピノ・デ・モスカテル」はかなり甘く、食後酒として、デザートワインのように楽しむのにお勧めです。
松田優作もアイルトン・セナもシェリーを愛飲していたと言います。シェリーに馴染みのない方もこの機会に是非お試しください。
a0036952_17552286.jpg

フェアにあわせて「国産牛のカルパッチョ サラダ仕立て」¥1,200も登場しています。
通常のカルパッチョとは異なる印象で、オリーブオイルやビネガーをあまり利かせておらず、牛のタタキにチーズをふんだんにあわせたという印象。シェリーフェアにあわせてのものでしょうか。
フードメニューでは、グランドメニューにあるクロックムッシュも、かつてヴィノテークなどでいただいたのと同じで、シンプルですがいい味わいです。

好評「イルドレフェア」も引き続き行われていました。詳しくは下記メニューをご覧いただきたいのですが、隠れ家的なオークラウンジはブランデーをたしなむにはぴったりの空間かも。
「イル・ド・レ」は、あのカミュの、「エレガンス」、「ボルドリー」、「イル・ド・レ」の個性ある3シリーズのうちの1つ。
3種飲み比べは特にお勧め。それぞれに異なる薫り・風合いを楽しむ事が出来ます。
a0036952_23221889.jpg

「Ile de Re FINE ISLAND」(イル・ド・レ ファインアイランド)はおそらく3種の中でもっともイル・ド・レの個性が楽しめる気が。潮風の味わいが感じられます。イル・ド・レの個性はファインアイランドに最もあらわれているような気もします。
a0036952_23225083.jpg

「Ile deRe DOUBLE MATURED」(イル・ド・レ ダブルマチュアード)は独特の製法。まずレ島で伝統的なブレンド用タンクで数年寝かせその個性を生み出し、次いでコニャック地方で内面を焼いた樽で熟成させオークの香りやスモーキーさを加えるといいます。どこかバーボンを思わせる、3種の中でも個性的な味わいで、個人的なお気に入り。
a0036952_23232720.jpg

「Ile de Re X.O.」は長期熟成の時の重さが感じられる、こなれた優雅な味わい。流石X.O.

また、メニューには表示されていませんが、グラスワインもいただく事が出来ました。
a0036952_18402217.jpg

○サンセール 2009 / エティエンヌ・ドールニ―  グラス¥1,200 
 「キンメリッジの粘土質からくるふくよかな果実と、石灰岩からくる強いミネラル分のハーモニーを持つワインです。」
 これはアクールヴェールのロワールワインフェアで提供されているものの1つです。

a0036952_17414433.jpg

また、ハッピーアワーの企画も行われており、かなりお得で注目!です。
サービスタイムカクテル
 グランドメニュー全てのカクテルを17:00~20:00の時間に限り¥500にてお楽しみいただけます。
 ※フェアカクテルは対象外です。



以下の価格は税・サービス料込み
a0036952_18235928.jpg

                     ナイトタイムメニュー
     ハッピーアワーカクテル
 グランドメニュー全てのカクテルを17:00~20:00の時間に限り¥500にてお楽しみいただけます。
 ※フェアカクテルは対象外です。


シェリーフェア
 スペインを代表する酒精強化ワイン。辛口から甘口の逸品を厳選しました。
a0036952_1742424.jpg

a0036952_17573214.jpg

  ※写真は11年4月10日のものです。
・ティオ・ペペ           ¥800
 「世界中のレストランで、食前酒に選ばれるシェリーの傑作です。ライトでドライ。オン・ザ・ロックもお勧めです。」
a0036952_1757133.jpg

  ※写真は11年4月10日のものです。
・ドライ・サック・フィノ      ¥700
 「オーク樽でじっくり熟成された、高い香りと味わいは、最高峰のシェリーとして高い支持を得ています。」
a0036952_1744952.jpg

  ※写真は11年4月29日にいただいた際のものです。
・アルフォンソ・オロロソ・セッコ  ¥700
 「ほのかにスパイシー、香り豊かな長期熟成した辛口シェリーです。」
a0036952_17555588.jpg

a0036952_17563920.jpg

  ※写真は11年4月10日のものです。
・ハーベイ・ブリストル・クリーム  ¥900
 「クリームのようになめらかな味わいを持つ甘口シェリーの芸術品です。」
a0036952_17443748.jpg

  ※写真は11年4月29日にいただいた際のものです。
・ピノ・デ・モスカテル       ¥800
 「モスカテル種から作る、蜂蜜を思わせる極甘口のシェリーです。」

シェフお勧めの逸品
a0036952_1758577.jpg

  ※写真は11年4月10日にいただいた際のものです。
・国産牛のカルパッチョ サラダ仕立て ¥1,200


イル・ド・レ フェア
  コニャック地方最西端に位置する”レ島”。この島で造られるコニャックはかすかな塩気とヨード香が備わるアイランドモルトならぬアイランドコニャックです。Ile de Re 3種を期間限定で特別価格にてご準備致しております。
【提供期間】10月1日~12月31日
    ※期間延長して提供されています。
a0036952_2324046.jpg

・Ile de Re FINE ISLAND     ショット¥800 ボトル¥12,000
 「塩味の濃さが残る新しいテイストのコニャック」
a0036952_2324197.jpg

a0036952_23291959.jpg

・Ile deRe DOUBLE MATURED    ショット¥1,000 ボトル¥16,000
 「スパイシーさとスモーキーさを併せ持った独特のコニャック。」
a0036952_2324389.jpg

・Ile de Re X.O.         ショット¥2,000 ボトル¥20,000
 「他の”イル・ド・レ”シリーズよりも長い熟成を重ねたことにより、一層のエレガンスさとスパイシーさが感じられます。」
a0036952_23214856.jpg

  ※写真は10年10月7日にいただいた際のもの。
”Ile de Re”3種飲み比べ      ¥2,000

イル・ド・レ カクテル
a0036952_13251771.jpg

  ※写真は10年12月26日にいただいた際のもの。
・イル・ド・レ ハイボール       ¥900
a0036952_23295388.jpg

  ※写真は10年10月10日にいただいた際のもの。
・イル・ド・レ アレキサンダー     ¥1,000
・イル・ド・レ サイドカー       ¥1,000
a0036952_18274825.jpg

  ※写真は10年11月18日にいただいた際のもの。
・イル・ド・レ スティンガー      ¥1,000
・イル・ド・レ フレンチコネクション  ¥1,000


銘醸ワインリスト
シャンパーニュ                         750ml
・ブリュット・プルミエ              ルイ・ロデレール  ¥12,000
  ロシア皇帝に愛された高級シャンパン”クリスタル”で有名なルイ・ロデレールのスタンダート・クラス・シャンパン。おそらくスタンダードクラスシャンパーニュでは最も長い熟成期間を誇る、通好みのシャンパーニュ。「プルミエ(ナンバー1)」という名は、あらゆるメゾンのつくるスタンダードキュヴェのなかで一番である、という自信の表れとか。
・トラディッション・ブリュット・グラン・クリュ  エグリ・ウーリエ  ¥21,000
  ”エグリ・ウーリエ”はクリュッグ、サロンと並ぶ評価を得ているシャンパーニュ好きの憧れの生産者。テロワールを重視したブルゴーニュ的なワイン造りで、ピノノワール75%の密度と厚みのある味わいが特徴。
・グラン・ダネ・ロゼ 1999             ボランジェ     ¥48,000
  1884年からは英国王室御用達を拝命する”ボランジェ”は、”ボランジェ憲章”で知られる伝統的な造りで、手間と時間を惜しまず究極のシャンパーニュ造りを目指す、クリュッグと並び最上位の座を占めるメゾン。「ラ・グランダネ・ロゼ」は、ピノ・ノワールが完璧に熟した年にのみ造られるヴィンテージロゼ。
・ドン・ペリニョン・エノテーク 1990        モエ・エ・シャンドン ¥60,000
  モエ・エ・シャンドンは1743年に創立された最古のメゾンの1つで、フランス宮廷で高い評価を受け、ヨーロッパの他の宮廷でも高く評価され、今もその伝統が続き、英国王室のほか、スペイン、ベルギー、スウェーデン、デンマークの王室及びバチカンの御用達。パリ・ミラノをはじめとする世界のファッションコレクションのオフィシャル・シャンパンとして認定され、世界中のセレブに愛されている。「ドン・ペリニヨン・エノテーク」は、最も古くて貴重なヴィンテージが眠る「エノテーク」と呼ばれるセラーで熟成を重ね、醸造チームによるテイスティングと選定の結果選ばれた大変希少で特別なドンペリ。

白ワイン
・ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ 2007  ジャン・フィリップ・フィシェ ¥11,500
  偉大なる醸造家”コシュ・デュリ”の甥で、ロバート・パーカーに次世代ムルソーのホープと賞賛されている期待の新星がジャン・フィリップ・フィシェ。「酸とミネラルが主体の味わいで、鋭い切れ味をもつ、エレガントな白ワイン」
・プイィ・フュメ・キュヴェ・マジョラム 2006    ミッシェル・レッド  ¥14,000
  8代にわたりロワール河岸の丘陵地でワイン造りに携わる栽培醸造家。この地は優れたソーヴィニョン・ブランを産み出し、その代表銘柄がサンセールとプイィ・フュメ。「キュヴェ・マジョラム」は収穫されるソーヴィニヨン・ブラン種の中から、特別に良いものを選びすぐって醸造される辛口の白ワイン。
・シャトー・オー・ブリオン 1993          ペサック・レオニャン ¥40,000
  いわずもがなの5大シャトーの1つ。ボルドー辛口白ワインの最高峰とも言わるのが「オー・ブリオン・ブラン」。ネットでみると5万~10万の値がついていたり。。。4万はかな~りお得です。お店では普通ありえない価格では?
・シャトー・レイモン・ラフォン 1987        ソーテルヌ      ¥23,000
  かのシャトー・ディケム(デザートワイン、甘口・貴腐ワインの最高峰の1つ)に隣接する絶好の立地条件において、シャトー・ディケムで長年醸造長をつとめた方が産み出す最高級のソーテルヌ。生産量が少なく希少。

赤ワイン
・シャトー・マルゴー 2003             マルゴー      ¥60,000
・パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 2005   マルゴー  ¥16,000
・シャトー・レオヴィル・バルトン 2001       サン・ジュリアン  ¥23,000
・シャトー・ピション・ロングヴィル・ラランド 2003  ポイヤック    ¥24,000
・シャトー・ムートン・ロートシルト 2003       ポイヤック    ¥47,000
・シャトー・カロン・セギュール 2003        サン・テステフ   ¥25,000
・シャトー・オー・ブリオン 2002          グラーブ      ¥42,000
・シャトー・フィジャック 2004           サン・テミリオン  ¥17,000
・シャトー・ラ・コンセイヤント 2002        ポムロール     ¥16,000

・ブルゴーニュ・パストゥーグラン 2008       ラモネ       ¥6,000
・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2005        ジャン・フランソワ・コシュ・デュリ ¥13,000
・ジュヴレ・シャンベルタン・レ・カズティエ 2005  アルマン・ルソー  ¥18,000
・ジャンポール・ミュジニー 2006          コント・ジョルジュ・ド・ヴギュエ  ¥20,000
・ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア 2005      ミッシェル・グロ  ¥18,000
・クロ・ド・ヴージョ 2004             モンジャール・ミュニュレ ¥24,000
・ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ブドー 1999   ジャン・グリヴォー ¥23,000
・コルトン・レナルド 2003             ドゥー・モンティーユ ¥23,000

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2011-06-09 18:49 | ビネンスタッド


<< GMAレストラン オークラウンジ(Part2) >>