デ アドミラル(4月29日~5月8日のランチメニュー)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのGW期間のランチタイムメニューです。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコードもありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

フェアメニュー(注:11年3月からは、2ヶ月毎にメニューを変えていくようで、これまでのような味覚フェアメニューという形はなくなったようです。)など旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

アラカルトにおいても、メニュー自体に変更がなくても、その時々の旬の素材を使って違った表情の料理が提供されてきたように思います。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


オフィシャルサイトによるとGW期間のランチタイムは以下のように限定されたメニューになるようです。



また、5月5日にはこどもの日特別企画としてテラスでブッフェが。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。
 【日時】2011年5月5日(木・祝)12:00~13:30
 【場所】ホテルヨーロッパ「デ アドミラル テラス」
     ※天候不良時には「アンカーズラウンジ」にて開催いたします
     ※強風時、雨天時はテラスにて、開催できないことがございます。予めご了承ください。
 【料金】 大人(中学生以上~) 4,200円
      小学生 1,800円
      3歳~小学生未満 800円
      3歳未満 無料
 【予約・問い合わせ】ホテルヨーロッパ レストラン予約 0956-58-1111(代表)

                  メニュー(4月29日~5月8日)
○メニューA         ¥2,800(税・サービス料込み)
  雲仙豚のテリーヌ 
     又は 
    地元野菜のスープ ピストゥー風味
  長崎産赤鶏腿肉のグリエ レモン風味
     又は
    佐世保産カワハギのパネ サラダ添え
  季節のシャーベットとアイスクリーム
  コーヒーまたは紅茶

○メニューB         ¥3,800(税・サービス料込み)
  雲仙豚のテリーヌ
  地元野菜のスープ ピストゥー風味
  長崎産赤鶏腿肉のグリエ レモン風味
     又は
    佐世保産カワハギのパネ サラダ添え
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶
  
by mattarinonbe | 2011-03-31 23:01 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< ワンピースショップ&レストラン... デ アドミラル(ディナーPart1) >>