日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】人出が多いと予想される日など、出来るだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間~1時間半。夜は2時間~3時間(時間掛け過ぎですが;;)ほどかけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めです。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、吉翠亭のランチタイムメニューでは下記祝祭御膳とミニ会席が対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトからご覧下さい。


下記は7月8日・15日の記録を元に改定したものです。



季節の祝祭御膳、ミニ会席の内容が新たになっています。加えて今年もベジタブル御膳が登場しています。一昨年にいただいて魅了されたもので、今年も楽しませていただきました。

 5月に登場した海鮮御膳は内容も良く、¥2,100はかなりお得感のあるメニューです。

 龍馬伝メニューの「お龍御膳」も引き続き提供されています。なかなか美味しいメニューでこちらもお勧め。いずれも美味しいのですが、中でもハトシと開花丼がお気に入り。
 ハトシは明治の頃に中国から伝わったとされる長崎の郷土料理で、卓袱料理や中華料理店などで広くいただく事が出来ます。家庭で作られる事も。
 海老のすり身などを食パンで挟み、油で揚げるのが一般的。幼い頃父が折に詰めて(長崎では”かぶり”と言います)持ち帰ってくれた料理の中で、このハトシが大好きでした。ただ近年いただいたハトシはいずれも今の私には油っこ過ぎるものでいささか残念に思っていました。食パンで挟んで揚げるのですから、油を吸い過ぎるのでしょう。ここでいただくハトシは一工夫されているようで、油っぽくなく実に旨いものでした。
 開花丼は豚肉がとても柔らかで、上品なすき焼き風の味わい。紅ショウガも繊細な味付けでさっぱりと素敵なアクセントになっていて食が進みます。

 その時々の旬の食材、その日入る良い食材でメニューが組み立てられていますので、同じメニューであっても時期により、日により内容が変わるようです。写真はいただいた日付を記載してありますので、特に月日が経っているものにつきましてはご参考程度にご覧下さい。
○印が内容変更が確認できたもの、新たに登場(及び再登場)したものです。
●印はマイナーチェンジ(値段の変更等。値下げされているものが多いです。)したもので、以前の写真を載せているものについては量など現在とは変わっている可能性があります。

現在吉翠亭自家製の唐墨の特別販売も行われています。
a0036952_21531052.jpg

・長崎名物 吉翠亭謹製「からすみ」     6,000円
  日本三大珍味である「からすみ」。吉翠亭特製「秘伝のタレ」にじっくり漬け込んで独自の手法で作りあげました。噛むほどに広がる深い味わい。酒の肴にもってこいの一品。ぜひ、ご賞味ください。
 いただき方や保存方法などの説明書付きで、贈り物にも最高。時に贅沢に晩酌の友にするのも最高のご褒美です。唐墨は高級品ですから6,000円は唐墨としてはお得な価格かと。
a0036952_743536.jpg

 ところで、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。3月に第1回が開催され、第2回が7月11日(日)のお昼に行われました。第2回のテーマは鱧と夏野菜の京料理「清涼の宴」で素晴らしい会でした。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。第2回についてもいずれ御紹介したいと思っています。第3回はきっと秋に行われるものと思いますが、秋の味覚の美食の会♪ご注目下さい。

 ※6月4日(金)、18日(金)にはランチタイムに寿司バイキングが行われ好評だったようです。その内容は以下のようなものだったようです。
【開催日】6月4日(金)、18日(金)
【時間】11:30~14:00(ラストオーダー)
   ※利用時間 60分間
   ※料理長お任せ寿司を提供後より開始
【内容】最初は料理長お任せ寿司と赤出汁または吸い物。
    その後以下をお好きなだけ
      ・寿司(15種)
      ・季節の天ぷら(5種)
      ・茶碗蒸し
      ・赤出汁or吸い物
      ・甘味(3種)
【料金】大人3,500円(中学生以上) 小学生1,750円 幼児800円
【予約】TEL:0956-27-0414(吉翠亭直通)
 好評を受け、7月から定期的に開催されるようで、年内は第2・第4木曜日に行われる予定です。

a0036952_7415480.jpg

 7月8日に利用してきましたが、姉妹ブログで御紹介していますので、宜しかったらこちらからご覧ください。

下記価格は税込み価格で、別途サービス料10%がかかります。

                   メニュー
龍馬伝メニュー
a0036952_15295354.jpg

a0036952_15363939.jpg

お龍御膳            ¥3,150(税込、サービス料別途10%)
 「明治の文明開化と共に食されるようになった豚肉の丼をメインに、龍馬の伴侶お龍さんの故郷京都の野菜やオランダ煮、衣に味がついた”長崎天婦羅”をお膳で提供。」
【提供時間】11:30~14:00
  小鉢  : 胡麻豆腐 旨出汁
  造り  : 鯛の和風カルパッチョ
  揚物  : ハトシ 万願寺唐辛子 檸檬
 焚き合せ : 京野菜の焚き合せ(季節物五種盛り)
  食事  : 開花丼 赤出汁 香の物
  水菓子 : ホテル特製シャーベット

季節メニュー
a0036952_120492.jpg

  ※08年7月3日にいただいた「七夕月 菜の彩膳」
a0036952_22565580.jpg

  ※09年7月1日にいただいた「文月ベジタブル御膳」。
a0036952_7411436.jpg

  ※10年7月15日にいただいたもの。
●文月ベジタブル御膳       3,675円(税込み、サービス料別途10%)
  口取り : 白芽芋吉野煮、小メロン寿司、山桃鬼灯盛、蓮根雲丹焼き、青瓜・鯛 昆布締め
  吸物替り : 和風ビシソワーズ
  造り替わり: 鱧落としサラダ仕立て
  蒸し物 : 夏野菜の梅蒸し
  冷やし鉢 : 冬瓜翁煮、新小芋、蓮根小倉煮
  食事 : 麦とろろ飯、赤出汁、香の物
         もしくは 
        冷やし素麺
  水菓子 : 冷やし飴

a0036952_3105964.jpg

  ※写真は08年7月20日にいただいた「夏の祝祭 涼味膳」
●文月 花と緑の清涼御膳     3,675円
【提供期間】7月1日~7月31日
  先付け : 青竹豆富 芥子茄子 冷やし餡 振り柚子
  造り  : 鱸薄造り ぽん酢 季節のあしらえ
  口取り : 鰻巻き 鶏魚(伊佐木)柚庵焼き 鱧寿し 雷蒟蒻 
        青瓜昆布締め 夏鴨ロース 青唐辛子焼き 山桃 
  吸い物 : 鱧真薯 玉子豆富 あおさ 木の葉人参 木の芽
  冷やし鉢: 芋 蛸 南京 絹莢 木の芽
  お食事 : 玉蜀黍の炊き込み御飯 香の物 赤出汁
           もしくは 
         冷やし島原素麺(鹿尾菜)
  水菓子 : マンゴアイス ココナッツソース ミント

  ※市場の都合により内容が変更になる場合があります。

a0036952_18364382.jpg

  ※昨年09年7月12日にいただいたもの。
●文月 ミニ会席       5,775円(税込み、サービス料別途10%)
【提供期間】7月1日~7月31日
  先付け : 岩牡蠣 ぽん酢 洗い葱 紅葉卸し
  八寸  : 蛸緑酢掛け 鱧押し寿司 鰻八幡巻き 丸十栂ノ尾煮 新枝豆
  椀物  : 玉子豆富 魚素麺 アスパラ 木の葉人参 木の芽
  造り  : 炙り伊佐木 赤身  あしらえ一式
  焼物  : 若鮎塩焼き 蓼酢 芥子蓮根 葉地神
  蓋物  : 丸茄子 小陸蓮根 鱶鰭餡 露生姜 柚子
  御飯物 : 烏賊おろし御飯 
          もしくは
         島原素麺(鹿尾菜)
  留め椀 : あおさ海苔 椎茸 生麩
  香の物 : 二種
  水菓子 : 西瓜餡蜜 ミント

  ※市場の都合により内容が変更になる場合があります。

昼のコース
a0036952_17265139.jpg

a0036952_1727182.jpg

  ※写真は08年5月5日にいただいたものです。
・松花堂弁当          3,670円
  造り・口取り・揚物・焚き合わせ・小鉢・ご飯・椀物・水菓子
・季節の御造り御膳       2,940円
  小鉢・椀物・造り・焚き合わせ・ご飯・水菓子
  ※sayuriさんのレポ
a0036952_1431873.jpg

a0036952_1434689.jpg

  ※写真は07年12月6日にいただいたものです。
・旬彩天麩羅御膳        2,620円
  小鉢・天麩羅・蒸し物・御飯・水菓子
a0036952_2253179.jpg

  ※写真は10年5月6日にいただいたものです。
・海鮮御膳           2,100円
  造り : 本日のお造り二種
  煮物 : あら炊き 季節野菜
  焼き物 : 本日の焼き魚
  蒸し物 : 茶碗蒸し
  食事 : 次の3つから選択
    地魚天婦羅と五島饂飩(温・冷)
    御飯・海鮮赤出汁
    海鮮散し寿司・赤出汁
  甘味 : 特製甘味
mattariのレポ

・御子様弁当          1,890円
  肉料理・口取り・天麩羅・赤出汁・水菓子
 ※季節により内容が変わる事があるようですが、1月の内容は次のようなもののようでした。
   肉料理  : 牛ばら肉 茄子 玉葱 蓮草の煮物
   胡麻豆腐 : 菊花二色 椎茸 美味出汁
   御飯物  : 笹巻き寿司 紅白俵御飯 切り胡麻
   口取り  : 煮玉子 鮭照り焼き 自然鶏唐揚げ 栗 ジャーマンポテト サラダ菜
   天婦羅  : 海老 白身 茸 小芋 パプリカ
   赤出汁  : 竹輪 なめこ 三つ葉
   水菓子  : ホテル特製アイス

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2010-07-17 07:43 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< ユトレヒトテラス(佐世保グルメ... 日本料理/吉翠亭(昼・夜Part2) >>