日本料理/吉翠亭(夜Part1)

a0036952_2143457.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに07年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭の夜のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。最新更新日5月18日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びをし出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00
      昼:11:30~14:00
      夜:17:30~21:00
【予約】できれば予約されておかれた方がよろしいかと思います。もちろん予約なしでも空きがあれば問題ありません。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとってももっとも寛いで楽しめるお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。
オフィシャルサイトで松元料理長の紹介がなされていますので、こちらをご覧ください。

夜は2時間半(時にのんべしながら3時間以上・・)ほどかけて楽しませていただいています。
お昼は、およそ1時間半~2時間以上。。。
お酒をあまり飲まない方だともっと時間はかからないでしょう。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあるようで、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。

コースもなかなか魅力ですし、単品料理(昼・夜共通)も充実(ちらし寿司他お勧めのものが。。)していますので、そちらでの利用もお勧めです。
いずれも旬の食材を用いた季節感豊かな料理が提供されています。ハウステンボスで最もスタッフの方々の対応も気持ちよく、現在私にとって最も気持ちよく食事させていただけるお店の1つです。
エリタージュが実質クローズし、エクセルシオールもディナータイムの営業をしていない現在、ここぞという時に私が利用する一番手のお店(ご一緒していただく方によっては戎座を選択する事も)になっています。
ラストオーダーが21時とハウステンボス場内では遅めの時間設定になっていますので、夜食的な利用もできそうです。

下記は5月5日・9日に利用した際の記録及びオフィシャルサイトの記載を元に改定したものです。



新生ハウステンボスにあって、ハウステンボス直営店においてドリンクの値下げがあり、料理メニューにおいても従来よりもお得な価格設定のものが登場しつつありますが、吉翠亭の夜のメニューにおいても新たに「地魚御膳」5,400円と「ミニ会席」6,300円、「お子様弁当」1,890円が登場(御子様弁当1,890円は昼のメニューにおいてはこれまでにも記録していましたが、夜のメニューでは初めて見ました。ただ、これは私が子供連れで利用した事がなかった為記録していなかっただけかも?)しました。
フェスタ ディ プリマベーラ~花の食祭~メニューとして、「春風桜鯛と春の旬菜の宴」が登場していましたが、それを継ぐメニューとして期間限定の「新緑の旬菜薫風の宴」8,400円が登場しています。
会席料理もそれぞれ内容が変更になっています。

5月9日に地魚御膳をいただきました。
a0036952_723081.jpg

                  先付け(小鉢)はこの日は白和え
           味わいも良いのですが、赤蒟蒻を加え、食感の違いが楽しい一品。
a0036952_7252160.jpg

                 その後、御膳で料理がまとめて登場。
a0036952_727694.jpg

                        造り
a0036952_727404.jpg

                    煮物は鯛の頭の煮付け
a0036952_7295529.jpg

                      焼物と揚物
a0036952_7313078.jpg

                       穴子寿司
 御飯は”名物穴子寿司・汁物””鯛茶漬け””御飯・地魚の味噌汁”の3種のうち好みのものを選択。私は穴子寿司を選択しましたが、鯛茶漬けなどにも惹かれます。
a0036952_7315875.jpg

                  食後にはデザートにローズアイスが

 「地魚御膳」は(両者には共通した部分もいろいろあり)お昼の新メニュー「海鮮御膳」の夜バージョンですね。どちらかと言うと現時点では「海鮮御膳」の方がお得度が高いように思えお勧めですが、「地魚御膳」も吉翠亭の夜のメニューとしては安価な価格設定であり、内容的にもなかなかのものと思います。また、会席料理に比べ御膳料理は一度に(先付け、デザートは別ですが)料理が出される事もあって、より短時間に食事をいただく事が出来るように思います。通常は私の場合2時間(お仲間と一緒だと3時間)ほどかかるのですが、この日は1時間ほど。タイムスケジュールに余裕があまりない時にいただくのにもいいかも。

 「地魚御膳」¥5,400が「海鮮御膳」¥2,100の夜バージョンだとすると、「ミニ会席」¥6,300もお昼の「ミニ会席」¥5,775の夜バージョンなのかも?ただ、価格差はあまりない設定ですが。。内容の詳細は不明ですが、かなりお得かも?いずれいただいてみたいと思います。
 
 5月5日は「新緑の旬菜薫風の宴」をいただきました。
a0036952_7324589.jpg

                 先付け 湯葉豆富 いくら 鼈甲山葵餡
a0036952_73384.jpg

     八寸  烏賊・アボガド芥子酢味噌和え 笹巻き熟寿司(なれ寿司) 筍金山寺山葵和え
               鯛腸和え 河海老 一寸豆翡翠煮 自家製唐墨
   左上の金の籠に河海老 一寸豆翡翠煮 自家製唐墨。右上の兜の入れ物には烏賊・アボガド芥子酢味噌和え。左下に鯛腸和え、右下に筍金山寺山葵和え。中央に笹で巻いたなれ寿司。 
a0036952_7333284.jpg

 椀物はメニューには「海老真薯 蓬豆富 菜種 菖蒲独活 花弁人参 木の芽」とありますが、この日いただいたのは鯉こく。鯉こくと言うと「輪切りにした鯉を味噌仕立てで煮込んだ料理」といったところですが、吉翠亭でいただく鯉こくはかなり美味。臭みを感じることなくまろやかな中に旨味が広がります。鯉の下には蓬豆富が忍ばせてあり、上には針牛蒡。
a0036952_7335519.jpg

                造り  本日の地魚三種 あしらえ一式
a0036952_734179.jpg

            焼物  鰆遠山焼き 新馬鈴薯・新玉葱混一味噌焼き 酢取り茗荷
 鰆遠山焼きは遠い山々をイメージしたという色鮮やかな新緑の焼物。いい味わいです。
a0036952_7344384.jpg

            鍋物  蛸しゃぶ(蛸 水菜 フリルアイス 桜麩 湯葉)
 左手の白っぽいのは料理長特製のとろろ芋で、にんにくが効かせてあって実にいい味わい。あまったものはご飯にかけていただきました。いやぁ。。旨し♪
a0036952_735649.jpg

 初夏から沢山えさを食べ産卵に備えるという蛸(いただくのがちょっと可哀そうな気もしないではありませんが・・)は素敵な美味しさ。いい蛸です。
a0036952_7352626.jpg

           御飯  季節の炊き込み御飯 梅じゃこ 香の物 留め椀
a0036952_7354830.jpg

          水菓子 ローズアイス 抹茶羊羹 ミント(桜葉を添えて)
 とメニューにはありますが、この日いただいたのはローズアイスに柏餅。ともにいい味わい。

 「地魚御膳」も手頃な価格で魅力ですが、吉翠亭の真髄はやはり会席料理にあるようにも思います。好み、予算、時間などに応じていろいろと選択出来る選択肢が増えたのは歓迎♪です。

会席も魅力ですが、単品料理を好みに応じて組み合わせいただくのも素敵です。

また、現在アクティビティクーポンを利用すると、クーポン10枚(¥5,000)で吉翠亭のディナーをいただくことが出来ます。クーポン対象のお料理はお膳料理”旬菜御膳”で、1つのお膳で出される形式のようですが、内容は小鉢・造り・焼き八寸・焚き合わせ・季節の天麩羅五種盛・季節の炊き込みご飯 赤出汁・香の物二種・水菓子+1ドリンクだとか。クーポン利用する場合は事前にその旨伝えておく必要があるようです(5月以降のメニューをみると予約不要との記載も)が、席の予約は出来ないようですので、ご注意。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、吉翠亭のディナータイムメニューでは下記華会席と彩会席、雅会席及び鍋物会席が対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。


現在吉翠亭自家製の唐墨の特別販売も行われています。
a0036952_21531052.jpg

・長崎名物 吉翠亭謹製「からすみ」     6,000円
  日本三大珍味である「からすみ」。吉翠亭特製「秘伝のタレ」にじっくり漬け込んで独自の手法で作りあげました。噛むほどに広がる深い味わい。酒の肴にもってこいの一品。ぜひ、ご賞味ください。
 いただき方や保存方法などの説明書付きで、贈り物にも最高。時に贅沢に晩酌の友にするのも最高のご褒美です。唐墨は高級品ですから6,000円は唐墨としてはお得な価格かと。
吉翠亭の唐墨の製法についてはオフィシャルサイトのスタッフブログに詳しいレポが連載されています。

 ところで、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。3月に第1回が開催され、6月末頃の日曜日に第2回を企画中のようです。素晴らしい会ですので、ご注目下さい。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。
 ※7月11日(日)のお昼に行われるようです。詳細は近日案内があるかと。

ドリンクメニューに関しては別途アップしてあります。

下記の料金は税込み価格で別途10%のサービス料がかかります。


                   メニュー
新メニュー
a0036952_7173728.jpg

  ※写真は10年5月9日にいただいた際のもの。
○地魚御膳           5,400円
  小鉢、造り、焼物、揚物、煮物、御飯、水菓子
 ※御飯は次のうちから選択
   ・名物穴子寿司・汁物
   ・鯛茶漬け
   ・御飯・地魚の味噌汁

○ミニ会席           6,300円
  前菜、椀物、造り、焼物、煮物、御飯、水菓子
 ※御飯は次のうちから選択
   ・名物穴子寿司・汁物
   ・鯛茶漬け
   ・御飯・地魚の味噌汁

○お子様弁当         1,890円
  肉料理  牛ばら肉 茄子 玉葱 蓮草の煮物
  胡麻豆腐 菊花二色 椎茸 美味出汁
  御飯物  笹巻き寿司 紅白俵御飯 切り胡麻
  口取り  煮玉子 鮭照り焼き 自然鶏唐揚げ 栗 ジャーマンポテト サラダ菜
  天婦羅  海老 白身 茸 小芋 パプリカ
  赤出汁  竹輪 なめこ 三つ葉
  水菓子  ホテル特製アイス

 ※季節により内容を変更する事が。
 ※小学生未満の方に限ります

期間限定メニュー
a0036952_7183539.jpg

  ※写真は10年5月5日にいただいた際のものです。一部下記とは内容が異なります。
○新緑の旬菜薫風の宴    8,400円
 「鰆の遠山の若草焼きや蛸しゃぶなど、春の食材を活かした華やかな”宴”をお楽しみください。」
 「春を告げる鰆は、遠い山々をイメージした新緑の焼物に、初夏から沢山えさを食べ産卵に備える蛸は、しゃぶしゃぶにしてプリプリとした歯ごたえを料理長特製のとろろ芋でお召し上がり下さい。」
【提供期間】~6月13日
  先付け 湯葉豆富 いくら 鼈甲山葵餡
  八寸  烏賊・アボガド芥子酢味噌和え 笹巻き熟寿司 筍金山寺山葵和え
      鯛腸和え 河海老 一寸豆翡翠煮 自家製唐墨
  椀物  海老真薯 蓬豆富 菜種 菖蒲独活 花弁人参 木の芽
  造り  本日の地魚三種 あしらえ一式
  焼物  鰆遠山焼き 新馬鈴薯・新玉葱混一味噌焼き 酢取り茗荷
  鍋物  蛸しゃぶ(蛸 水菜 フリルアイス 桜麩 湯葉)
  御飯  季節の炊き込み御飯 梅じゃこ 香の物 留め椀
  水菓子 ローズアイス 抹茶羊羹 ミント(桜葉を添えて)


鍋物会席メニュー
  ※鍋物会席メニューはいずれも2名から。
・海鮮しゃぶしゃぶ会席   1人 10,500円
  小鉢、八寸、鍋物(魚、野菜、五島うどん)、御飯、甘味
 「九州近海の地魚をご提供。料理長秘伝のみそだれでお召し上がりいただけます。」数量限定
a0036952_224138100.jpg

  ※写真は09年3月29日にいただいた際のものです。五島うどんは鍋用か、鍋とは別に温かいもの、冷たいものの3通りからの選択で、ここでは温かい五島うどんを選択しています。上から2段目のしゃぶしゃぶ用の肉・野菜は2人前です。
・和牛しゃぶしゃぶ会席   1人 12,600円
  前菜、造り、鍋物(牛肉、野菜、五島うどん)、御飯、甘味
 「長崎産和牛を料理長こだわりの自家製ごまだれでお楽しみください。」

・すきやき会席       1人 12,600円
  前菜、造り、すきやき(牛肉、野菜)、御飯、甘味
 「長崎産和牛を料理長特製の割り下でお召しあがりください。」

鍋物単品メニュー(2名から)
・和牛しゃぶしゃぶ(牛肉、野菜)  1人 6,825円
・すきやき(牛肉、野菜)      1人 6,825円

追加
・牛肉 100g から       2,835円より
・野菜            1,050円
・雑炊用白御飯        210円
・鍋用五島うどん       420円


土・日・祝日限定のコース(要予約)
a0036952_19324070.jpg

  ※写真は09年11月22日にいただいたものです。現在とは内容が異なります。
●吉翠会席         15,750円
 【5月の内容】
  前菜  てっぱい 白和え 飯蛸金山寺合え 鯛粽寿司
      兜海老 矢羽根蓮根 的穴子 自家製唐墨 鯛腸和え
  椀物  鯉濃 蓬豆富 針牛蒡 花山椒 芥子
  造り  鮃 赤身 縞鯵 檜扇貝 あしらえ一式
  箸休め 麩蕎麦 温泉玉子 煮鮑 小陸蓮根 ビーツ 山葵 
      旨出汁 山葵 ラー油
  焼物  伊勢海老雲丹焼き 筍和牛山椒焼き アスパラ
      万願寺 一寸豆
  蓋物  蕨 新玉葱 和牛すき焼き 餅麩 花山椒 菜種玉子
  御飯  白御飯 香の物 小吸い物
  水菓子 メロン 苺 紅茶アイス 柏餅 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

夜のコース
a0036952_0242963.jpg

  ※写真は08年4月10日に利用した際のもので、現在とは内容が異なります。
●華会席            8,400円
 【5月の内容】
  前菜  てっぱい 白和え 飯蛸旨煮 鯛粽寿司
矢羽根蓮根 八幡巻き 自家製唐墨
  椀物  鯉濃 蓬豆富 針牛蒡 花山椒 芥子
  造り  鱸 赤身 縞鯵 あしらえ一式
  焼物  鯛木の芽味噌焼き 筍雲丹焼き 片栗の花 万願寺 一寸豆
  強肴  檜扇貝 菜種 海草サラダ 花弁百合根 土佐酢 
      黄身酢 木の芽 露生姜
  蓋物  穴子豆富 筍 若布 菜種 木の葉 人参 木の芽
  御飯  挽き茶茶漬け
  香の物 三種
  留め椀 小吸い物 (御飯希望の方のみ)
  水菓子 紅茶アイス 柏餅 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

a0036952_2114186.jpg

  ※写真は09年5月17日に利用した際のものです。下記とは異なります。
●彩会席            10,500円
 【5月の内容】
  前菜  煮烏賊・アボガド酢味噌掛け 白和え 飯蛸旨煮 
      鯛粽寿司 矢羽蓮根 鰻八幡巻き 自家製唐墨
  椀物  鯉濃 蓬豆富 針牛蒡 花山椒 芥子
  焼物  鯛白子焼き 目板鰈木の芽焼き 一寸豆彩色揚げ 豆腐田楽 葉地神
  強肴  檜扇貝 菜種 海草サラダ 花弁百合根 黄身酢
      蛇腹胡瓜 木の芽 露生姜
  蓋物  穴子豆富 筍 若布 菜種 木の葉 人参 木の芽
  御飯  鯛味噌茶漬け
  香の物 日の菜 菜種 山蕗山椒煮
  留め椀 小吸い物 (御飯希望の方のみ)
  水菓子 紅茶アイス 柏餅 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

a0036952_22115255.jpg

  ※写真は09年12月3日にいただいたものです。
●雅会席            13,650円
 【5月の内容】
  前菜  煮烏賊酢味噌掛け 白和え 飯蛸 鯛粽寿司 
矢羽根蓮根 鰻八幡巻き 自家製唐墨
  椀物  鯉濃 蓬豆富 針牛蒡 花山椒 芥子
  造り  鱸 赤身 細魚  あしらえ一式
  焼物揚物  鯛白子焼き 目板鰈唐揚げ 万願寺 
一寸豆彩色揚げ 豆腐田楽 葉地神
  強肴  煮鮑 伊勢海老 菜種 海草サラダ 蛇腹胡瓜 
      花弁百合根 黄身酢 木の芽 露生姜
  蓋物  穴子豆富 筍 若布 菜種 木の葉 人参 木の芽
  御飯物 鯛味噌茶漬け
  香の物 日の菜 菜種 山蕗山椒煮
  留め椀 小吸い物 (御飯希望の方のみ)
  水菓子 紅茶アイス 柏餅 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2010-05-14 22:17 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< ユトレヒトテラス(佐世保グルメ... 日本料理/吉翠亭(夜Part2) >>