デ アドミラル(ディナーPart1)

a0036952_17314636.jpg

今回はデ アドミラルのディナータイムメニューです。
改訂版ををアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:90席
      禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
  ※09年6月よりランチが11:30~14:00へ、ディナーが17:30~21:00へ変更になっています。
  ※この4月からヨーロッパの朝食会場は通常、吉翠亭とアドミラルになったようです。営業時間一覧からアンカーズラウンジのモーニングが消えています。繁忙期のみアンカーズやレンブラントも朝食会場になるってところでしょうか。その関係もあっての事でしょうか?アンカーズラウンジのスタッフの方がかなり(ロード・レーウや吉翠亭などへ)異動になっているようです。
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (ランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半程度はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)

デ アドミラルは重厚なホテルヨーロッパのメインダイニング。格調高い落ち着いた雰囲気で、窓外の風景や温かみのある照明がムードを高めてくれます。
エリタージュが(一般客にとって)利用できない現在、アドミラルはハウステンボスにおける最上のフレンチレストランです。
素晴らしいサービスの中ゆったりとした食事はリゾートの醍醐味。

エリタージュと異なり、ハウステンボスがリゾートであることから、アドミラルにおいてはドレスコードはありません。必要以上に気負うことなく、ゆったりとひと時の贅沢を堪能してみてはいかがでしょうか。
ディナーの所要時間はおおよそ1時間半から2時間位でしょうか。あまりの居心地良さに3時間以上かけてゆったりじっくりと楽しまれる方も少なからずおられるようです。

勘定は(基本的に)テーブルチェックになりますので、食事が終わりましたら係りの方にその旨告げ、テーブルにて支払いを済ませる事になります。
a0036952_7181640.jpg

ここでは食事メニュー及びワインのフェアメニュー、グラスワインのみの紹介となっていますが、当然ドリンクメニューもいろいろ用意されており、特にワインはなかなかのラインナップのようです。
また、事前に予約すれば予算・好みに応じて、通常メニュー以外の料理・コースをいただく事も以前は可能でした。メニュー一新された現在でも可能ではないかと思うのですが。。。

gomakuronyさんのレポ
まいさんのレポ
Marchさんの「モーレン会員限定ディナー」レポ
「すし屋のおかみさん」のレポ

下記は3月24日に利用した際の記録を元に改定したものです。



春の味覚フェアディナーが登場しています。
その他のコースメニューやアラカルトメニュー(デザートは未確認)においては変更はないようでしたが、(メニューの中にはローランシェフのメニューも含まれており)新生ハウステンボス誕生により今後変更があるかもしれませんね。

3月24日、仕事を早めに終えて帰国しアドミラルへ。いただいたのは春の味覚フェアディナー。
a0036952_7271598.jpg

 この日のアミューズはオマール海老にコンソメのジュレを合わせたもの。ぷりぷりのオマール海老に口中に入れると儚くもスーッと溶け上質の旨味が広がるジュレとの組み合わせが素敵なハーモニー。
a0036952_727425.jpg

 前菜は「小長井産ホワイトアスパラガスのグリエ ペアルネーズソース 新玉葱のフライとパルマ産生ハムを添えて」。
 ホワイトアスパラガスがとても上質で想像以上の存在感。ソースは卵黄をベースにエシャロット、エストラゴン、ヴィネガー、澄ましバター、レモン汁などを使ったベアルネーズソース。フランス料理における伝統的なステーキソースの1つとされているようですが、魚料理にもよく合うとされ、ここではホワイトアスパラガスと実によくあっています。
 生ハムの塩気・旨味と新玉ねぎのフライの香ばしさ・食感が素敵なアクセントになっています。

a0036952_7281792.jpg

 スープは「近海産アナゴとハマグリのロワイヤル 木の芽の香り」
 中に蛤の空豆が入ったなめらかな洋風茶碗蒸し風のものの上にアナゴがのり、コンソメを張って木の芽が添えてあります。

a0036952_7283834.jpg

 魚料理は「長崎産天然鯛のクレピネット包み焼き ライム風味のブールノワゼット トマトのコンフィとポテトのブーランジェール添え」。天然鯛の身にシャンピニオン等を細かくしたものをのせクレピネット(網脂)で包んで焼き上げたもの。その下にはポテトとポロ葱。横にはトマトの旨味が凝縮したトマトのコンフィが添えてあります。
 ソースはブールノワゼットと、彩りよく緑のイタリアンパセリのソースの2色。ブールはバターの意味で、ブールノワゼットは、ノワゼット(はしばみ、ヘーゼルナッツ)色をした焦がしバターソースのようで、レモン汁やパセリが加えられたりするようですが、ここではライムの風味が加えてあります。
 
a0036952_7285837.jpg

 口直しに桜のグラニテ。

a0036952_7292027.jpg

 メインは「フランス産ウズラのロティ パセリ風味 フォアグラのポワレとモリーユ茸の焼きリゾットと共に」。
 フランス産の鶉が用いられていますが、日本の鶉は美味しいらしいですが、小柄で身の部分が少ないのに比べ、フランス産のものは肉づきが良く柔らかいといいます。日本では鶉は卵がメインですが、フランスでは肉の方がメインで卵は副産物扱いとの話も。鶉の肉は(けっこうグラスが進んでいた事もあり定かではありませんが)上品で味わい深いものだったような。
 中央にはフォアグラのポワレとその下にモリーユ茸の焼きリゾットが。

a0036952_7293819.jpg


a0036952_729546.jpg

 デザートはお愉しみのワゴンサービス。お好きなものをお好きなだけ♪

 ちなみにこの日飲ませていただいたものは、オークラウンジでシャンパン。アドミでグラスワインの白の後、赤をボトルで。1人なのにボトルでいただいたのは、この日がバースデーイブだから。
 当然アドミで空けてしまう事は出来ず。。。
a0036952_7434245.jpg

 (お願いして)残りのワインは、引き続きシェヘラザードでいただく事に。希望すればお部屋でいただく事も(というより本来はそうすべきかとも)出来るようです。部屋でワインを、って方はけっこうおられるようですが、ディオニソスあたりで購入したものをいただくのも良いですが、このようなパターンもお勧めかも。

a0036952_744625.jpg

 持ち込みのワインだけってのはあんまりですから(というよりあってはならない事でしょう)、まずはカクテルをオーダー。創っていただいたカクテルはバースデーカクテル。18回目の誕生日をお祝いするカクテル♪
 この日の宿泊はハウステンボスのお誕生日をお祝いしたくて。前もってその旨伝え、23時半のラストオーダーの後、日付が変わるまで飲ませていただき、3月25日になったその時に乾杯(その為に私にしてはスペシャルなワインを用意しようとアドミの銘醸ワインをオーダーし、持ち込ませていただいたのでした)させていただく事にしていたもの。と言う事で、阿吽の呼吸で創っていただいたのがこのカクテル。
 優しい味わいでした。

 カクテルをいただいた後、ラストオーダーまで後1時間ほどあったので、”18歳”にちなんで、「18年もののウィスキーやブランデーってどんなのがあったかなぁ?」とたずねると
a0036952_744264.jpg

 「そうおっしゃると思ってました」とズラッと並びましたョ♪9種類!
 次の数字は上の写真の左から順に番号を振ったもの
カナディアンウイスキー
1.ワイザーズ18年

アイリッシュウィスキー
2.ジェムソン18年

ジャパニーズウィスキー
3.サントリー 山崎18年

スコッチ
4.グレンフィディック18年
5.カティサーク18年
6.レダイグ18年 (ジェームス マッカーサー社)
7.シーバスリーガル18年
8.ジョニーウォーカー18年

カルバドス 
9.アドリアン・カミュ・ペイドージュ18年 

 中にはメニューにないものも。逆にメニューにあって並んでいないものも。売り切れか、ハイランドパーク18年のように既に飲んだ事のあるからか。。
 流石に全部飲む事はかなわず。。全部飲んだら死んじゃいます。
 山崎やカティサーク、ジェムソンは飲んだ事がありましたので、この日選んだのは。。
a0036952_7444566.jpg

 左から「ジョニーウォーカー18年」「アドリアン・カミュ・ペイドージュ18年」「シーバスリーガル18年」の3種。

 ハッピーバースデー♪思春期で大変だと思うけど、18歳の瞬を大切に。いい年になりますように。。。

a0036952_745450.jpg

 あけて25日にはちゅーりーちゃんの誕生会が。とてもいい企画だったと思います。ファイブちゅーりー勢ぞろいはめったに見られない素敵な光景でした。


※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、アドミラルディナータイムメニューでは下記春の味覚フェアディナーをはじめ各コースが対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。



以下の料金は税込み価格です。ただし別途10%のサービス料がかかります。

                        メニュー
春の味覚フェア
 「地元の旬の食材と料理長が厳選した食材の持つ美味を最大限に引き立てた食欲そそるメニューが登場いたします。」
【提供期間】3月1日~6月13日
a0036952_7263892.jpg

春の味覚フェア ディナー      ¥13,650(別途サービス料10%)
  アミューズ
  小長井産ホワイトアスパラガスのグリエ ペアルネーズソース
    新玉葱のフライとパルマ産生ハムを添えて
  近海産アナゴとハマグリのロワイヤル 木の芽の香り
  長崎産天然鯛のクレピネット包み焼き ライム風味のブールノワゼット
    トマトのコンフィとポテトのブーランジェール添え
  季節のグラニテ
  フランス産ウズラのロティ パセリ風味
    フォアグラのポワレとモリーユ茸の焼きリゾットと共に
  デ アドミラル特製のデセール
  コーヒー、紅茶又はハーブティー

コース
・サヴール                  ¥16,800
   「最も、伝統やルーツというものを感じていただけるでしょう。その中にも柑橘系やセージなど香り豊かな植物を使用していますので、こちらも進化のエッセンスを感じていただけるものと思います。中でも“ポアロー葱のカプチーノ キャビアと白身魚のタルタル添え”は、先日のイベントの際にも皆さんに好評をいただいた一品です。」
  3種類のアミューズ
  柑橘のオイルでマリネしたカナダ産オマール海老のエマンセ
     スパイシーな人参のジュース
  ポアロー葱のカプチーノ キャビアと白身魚のタルタル添え
  天然鯛のグリエと帆立貝のロティ セージの香り
     甘酢っぱいフェンネルとタイムのコンフィ
  季節のグラニテ
  黒毛和牛ロース肉のポワレ ナスタチューム風味のジュ
  各種ナチュラルチーズ
  デ アドミラル特製のデセール
  小菓子
  コーヒー又は紅茶
a0036952_1555997.jpg

  ※写真は10年1月31日のものです。
・エトワール              ¥10,500
  アミューズ
  本日のオードブル シェフスタイル
  季節野菜のクリームスープ ペイザンヌ風
  長崎で水揚げされた鮮魚のポワレ オマール海老のソース
  国産牛フィレ肉のグリエ シャスールソース 季節の野菜を添えて
  デ アドミラル特製のデセール
  コーヒー又は紅茶

・メール                   ¥8,400
   「肉を使わず、魚料理だけで構成しています。鮮魚のスモークのマリネでは、ラベンダーのお酢や花のオイルなど、香り豊かな植物やハーブをふんだんに使用しました。特に女性に気に入っていただけるコースだと思っています。」
  アミューズ
  長崎産鮮魚の自家製スモーク
    ※オフィシャルサイトでの紹介記事
  蒸した旬の魚とラングスティーヌ レモンバーベナの香り
     緑野菜のソースとポワロー葱のビシソワーズ
  バニラオイルでポワレした旬の魚
     花と野菜のムースの小箱
  デ アドミラル特製のデセール
  コーヒー又は紅茶


アラカルト
オードブル
・タプナードを入れてコンフィにした2種類の魚のパヴェ  ¥2,310
・長崎産鮮魚の自家製スモークとタルタル     ¥2,625
 ※オフィシャルサイトでの紹介記事
・フォアグラのポワレ 白バルサミコ酢のジュ    ¥4,200

スープ
・季節野菜のクリームスープ           ¥1,050
・長崎産海の幸のスープ サフラン風味       ¥3,150

魚料理
・バニラオイルでポワレした旬の魚 花と野菜のムースの小箱 ¥2,415
・旬の魚と野菜のデュエット エヴァンタイユ仕立て  ¥3,150
・天然鯛のグリエと帆立貝のロティ セージの香り
   甘酢っぱいフェンネルとタイムのコンフィ  ¥3,675

肉料理
・オーストラリア産仔牛ホホ肉の煮込み ローズマリー風味のフラン添え ¥3,360
・シナモンオイルでポワレした仔羊のノアゼット ラタトゥイュ添え   ¥4,725
・国産牛フィレ肉のポワレ 季節の野菜添え ピメントのジュ       ¥9,450
・黒毛和牛ロース肉のグリエ 季節の野菜添え    ¥11,550

サラダ
・サラダメランジェ                        ¥1,050
a0036952_1941730.jpg

  ※写真は08年10月19日ランチタイムにいただいた「クルミオイル風味のトマトサラダ エシャロットとセルフィユ風味¥1,260」です。
・トマトのサラダ クルミオイル風味        ¥1,260

フロマージュ
a0036952_13565089.jpg

・ナチュラルチーズ各種              ¥2,100

デザート
  ※デザートに関しては今回未確認ですので、以前の記事のものを再掲しています。現在は異なっている部分があるはずです。
・白桃のコンポート 山椒風味 ココナッツのアイスクリーム添え    ¥1,370
・ライム風味のパルフェグラッセ フランボワーズのポッシェとともに  ¥1,260
・グレープフルーツのグラチネ 薔薇の香りのアイスクリームを添えて  ¥1,050
a0036952_13572265.jpg

  ※写真は09年3月19日のもの
a0036952_22375532.jpg

  ※写真は09年7月16日のもの
・デ アドミラル特製デセールのいろいろ(ワゴンサービス)      ¥2,415
・旬のフルーツの美味しさを生かしたシャーベット       ¥630
・香り豊かな作りたてアイスクリーム              ¥630
・オリジナルブレンドコーヒー、紅茶、ハーブティー又はエスプレッソ  ¥735

 参考までに昨年春のメニューを以下に再掲すると。
○ピスターチ風味のクレームブリュレ 赤い果実 シナモン風味のベーニエを添えて ¥1,680
○ライム風味のパルフェグラッセ フランボワーズのポッシェとともに  ¥1,260
○グレープフルーツのグラチネ 薔薇の香りのシャーベットを添えて   ¥1,150
a0036952_13572265.jpg

・デ アドミラル特製デセールのいろいろ(ワゴンサービス)      ¥2,415
・旬のフルーツの美味しさを生かしたシャーベット       ¥630
・香り豊かな作りたてアイスクリーム              ¥630
・オリジナルブレンドコーヒー、紅茶、ハーブティー又はエスプレッソ  ¥735


Part2へ続きます。
by mattarinonbe | 2010-04-13 22:58 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< 日本料理/吉翠亭(昼Part2) デ アドミラル(ディナーPart2) >>