デ アドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:90席
      禁煙
【営業時間】
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
  ※09年6月よりランチが11:30~14:00へ、ディナーが17:30~21:00へ変更になっています。
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半程度はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【その他】車椅子利用可

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている今、ハウステンボスで№1の位置づけのお店といっていいでしょう。エクセルシオールまでもオヤスミしている今、「洋」のレストランとして孤高の存在となってしまった感もあります。もちろんプッチーニやロード・レーウもあり、それぞれに素敵なお店ではあるのですが。
素晴らしいお店ではあるものの、料理などの好みは人それぞれでもあり、(お店の)選択肢が少なくなってしまっている現状には淋しさも感じてしまいます。
現時点ではアドミラルに対抗するお店となると場内では私見では日本料理の吉翠亭、戎座となってしまうように思います。あるいはブッフェですが、アクールヴェールか。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

フェアメニューなど旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

アラカルトにおいても、メニュー自体に変更がなくても、その時々の旬の素材を使って違った表情の料理が提供されるようです。

みーさんのレポ

以下は3月11日の記録をもとに、4月4日の写真を加えて改定したものです。



4月4日時点でメニュー変更はありませんでした。グラスワインに変更があるかも、と思ったのですが。近くラインナップに変更があるものと思います。
 4月4日はグラスワイン2杯(日替わりの白と、お気に入りのクロ・デュ・マルキ 2004)をいただき、食事はトロティネでワンプレートランチをいただいてきた後でしたので、気持ち控えめに(本日のランチや味覚フェアランチではなく)「国産牛フィレ肉のソテー 季節野菜のサラダ仕立て」を。
a0036952_21514443.jpg

 良質なお肉がいい焼き加減で。けっこうボリュームもあり、ガッツりと美味しくいただきました。ちょっと贅沢な午後のひとときをゆったりと楽しませていただきました。ご馳走様♪

春の味覚フェアランチが登場しています。
a0036952_23184780.jpg

 アミューズは「春の彩り3種のアミューズ」。見た目良く美味しい楽しいアミューズ。
a0036952_23191473.jpg

 天然鯛のタルタル。ちょっとスパイシー。
a0036952_23193544.jpg

 スモークサーモンとサーモンのリエット。リエット通常は肉などを煮てほぐし、保存用に固めたものですが、クリーム状でとってもなめらか。スモークサーモンのざっくりした食感とあわさってサーモンの風味を楽しめます。
a0036952_23195647.jpg

 仔鳩のコンフィとジュレ。これが私には絶品の美味しさ。ふるふるのジュレは驚くほど滑らかで
、口に入れた瞬間にスーッと溶けてたっぷりの旨味が広がります。とっても繊細で、手間がかかってるよなぁ。。。と感じ入ります。ムッシュ仕込(だと思います)のジュレは、スプーンの上では形をとどめ、口中に入れるや否やとろける、ギリギリで固める加減の妙。あまにりもはかなく溶けて行くので、ちょっと待って!もう少し口の中にいて!と思うほど。素材のエキスの固まりであるジュレと同一食材である仔鳩がコンフィで、実態と歯ごたえのあるものとして一緒になっているのも素敵です。
a0036952_23201932.jpg

 「長崎産小イカとアスパラガスのタリオリーニ 蛤のジュとトマトのソース」
 もっちりした手打ちパスタにソースが絡んで美味。ソースは蛤のジュ(素材の旨味たっぷりで素材本来の風味が生きただし汁)にトマトソースをあわせたもののようで、とっても上質なペスカトーレといった感じでしょうか。バジルのオイルとバジルをフライにしたものも添えてあり、バジルの香りも素敵です。トマトとバジルの組み合わせは定番な感じですが、単に美味しいだけでなくトマトとバジルを一緒に植えると互いの病害虫を防げ、美味しくもなるという食べる以前からの素敵な相棒なんだとか。トマトとバジルだけでも美味しいのですが、蛤のジュが加わった事で、さっぱりとフレッシュな中にも素敵に旨味が広がる、一般のトマトソースパスタとは一線を画す美味しいものになっているように思えます。トマトのフレッシュな酸味も心地よく、小イカのざっくりとした食感、アスパラのシャッキリした食感もパスタのもちもち感との対比で活きています。
 大満足のパスタでした。ランチコースのハーフポーションでなく、たっぷりとしたボリュームの単品メニューででもいただきたい気も。
a0036952_23204173.jpg

 「オーストラリア産仔牛ロース肉のキャベツ包み焼き 春の野菜添え」
 08年の春の味覚フェアランチは天然鯛を春キャベツで包んで焼いたものでしたが、今年は仔牛肉の上に仔牛肉とフォアグラをミンチにしたものをのせ、それを春キャベツで包み焼き上げたもの。出汁汁をふんだんに使い、白ワインビネガーでさっぱりと仕上げたというソースは仔牛肉とあってなかなかのもの。キャベツ包みの下のポテトがボリューム感を加え、美味しい春野菜が季節の恵みをいただく心地よさを。
a0036952_23205861.jpg

 美味しい料理にグラスも進み、ここでさらにワインをいただこうとフェアメニューとは別にチーズをいただくことに。この日の内容はブリー、サントモール、ポンネベック、ブリヤサヴァラン、ミモレット、ロックフォール。いずれも美味しいのですが、個人的に大好きなブリヤサヴァランとロックフォールが嬉しく満足な一皿です。
 ワインが進みすぎる~;;
a0036952_23211690.jpg

 この日のデザートはフレッシュなグレープフルーツを使ったタルトにチョコと胡桃のケーキ、バニラアイスといった内容。
 素敵なランチでした。食材等お好みに合うようでしたらお勧めです。

フードメニューにおいては味覚フェアメニューは、09年3月1日からグランドメニューが一新するといわれていましたが、ディナータイムと異なり、ランチタイムメニューは味覚フェアメニューや魚・肉料理以外はそれほど大きくは変わっていません。
○印のものが今回新たに登場したもので、●は09年3月1日から登場したメニュー(及びPart2においては再登場したものやマイナーチェンジのもの)。△印のものはメニュー表示名に若干の変更があったものです。例えば「フランス産ナチュラルチーズの盛り合わせ」が「ナチュラルチーズの盛り合わせ」に「雲仙豚カツサンド」が「長崎産ロースカツサンドイッチ」に変わったりとか。
3月1日に伺ったところによるとメニュー名が変わっていないもの、類似しているものはレシピは変わっていないという事でした。

味覚フェアランチや本日のランチも素敵ですが、単品メニューの中にも魅力的なものがあり、特にカレーなど美味しくってお気に入りです。
カレーとしてはかなりいいお値段ですが、十分にお値打ちでありお勧めです。
のんべな私は「オードブルの盛り合わせ」や「ナチュラルチーズの盛り合わせ」をいただきながらグラスを傾けるのもお気に入り。
ランチにしては贅沢になりますが、ハウステンボスでプチリゾート気分を満喫するうえで、ランチ重視は私のお気に入りのスタイル。ちょっぴり背徳的な気分で、より非日常的な美味しいひと時に浸る事が出来、ストレス解消に役立っています。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、アドミラルのランチタイムメニューでは下記秋の味覚フェアが対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。



以下の価格は(特に断りがないものは)税込みですが、別途10%のサービス料がかかります。

                   メニュー
春の味覚フェア
  地元の旬の食材と料理長が厳選した食材の持つ美味を最大限に引き立てた食欲そそるメニューが登場いたします。
【提供期間】3月1日~6月13日
a0036952_23135867.jpg

春の味覚フェアランチ               ¥3,990
  春の彩り3種のアミューズ
  長崎産小イカとアスパラガスのタリオリーニ 蛤のジュとトマトのソース
  オーストラリア産仔牛ロース肉のキャベツ包み焼き 春の野菜添え
  デ アドミラル特製のデセール
  コーヒー、紅茶 又は ハーブティー


本日のランチ
a0036952_5201839.jpg

  ※写真は09年11月8日にいただいた際のものです。メインは豚の網焼き 粒マスタードソース。
a0036952_21542791.jpg

   左上は下記の①、右上が②、右下が③、左下が⑤です。
本日のランチ           ¥2,940
 本日のメインディッシュ(日によって内容が異なります。今までに私がいただいたたものは以下の8つ。)
    ①牛肉のソテー
    ②イサキのオイル焼き
    ③ビーフストロガノフ
    ④鯛の包み焼き 季節の野菜添え
    ⑤カサゴのオイル焼き
    ⑥仔牛のカツレツ 香草パン粉焼き
a0036952_9353268.jpg

    ⑦鰆のオリーブオイル焼き
a0036952_85910.jpg

    ⑧豚の網焼き 粒マスタードソース
 季節のサラダ
 シャーベットとアイスクリーム
 コーヒー、紅茶又はハーブティー

 ※ちこがこさんのレポ
 ※みーさんのレポ

ホテル特製カレー(甘口又は辛口)
a0036952_14214181.jpg

a0036952_14211868.jpg

  ※写真は09年12月29日にいただいたもの。
△ビーフカレー(サラダ付)     ¥2,100
a0036952_14221941.jpg

a0036952_14223698.jpg

  ※写真は09年12月24日にいただいたもの。
小海老とマッシュルームのカレー(サラダ付)   ¥2,100

スパゲッティ
a0036952_23292135.jpg

  ※写真は09年11月19日にいただいたもの。「野菜と茸のスパゲッティ ハマグリのソース」でした。
●本日のシェフお奨めスパゲッティ  ¥2,100

サンドイッチ
  ※サンドイッチにはポテトが付くようです。
a0036952_5205518.jpg

a0036952_5211597.jpg

・野菜サンドイッチ         ¥1,890
△長崎産豚ロースカツサンドイッチ   ¥2,415

※上記全ての料理にコーヒー、紅茶又はハーブティーが付いています。

オードブルとスープ
a0036952_21495821.jpg

※上の写真は07年1月18日のもの。時により内容は変わるものと思います。
a0036952_23231529.jpg

    ※07年5月17日のものです。
a0036952_2148953.jpg

    ※08年11月2日にいただいたものです。ここまではムッシュレシピ時代
a0036952_23264832.jpg

  ※写真は09年3月1日にいただいた際のもの。
a0036952_2394095.jpg

  ※写真は09年11月19日にいただいたもの。「カリフラワーのピューレ 鱒の卵添え」「ヒラメのスモーク」「生ハム・フルーツ(メロンとパイン)」「豚肉とピスタチオのテリーヌ」「フレッシュフォアグラのテリーヌ ドライ無花果添え」
a0036952_14235920.jpg

  ※写真は09年12月24日のもの。
オードブルの盛り合わせ       ¥3,045
  ※mattariのレポ
a0036952_0505177.jpg

  ※写真は07年7月にいただいた「スモークサーモンのサラダ仕立て 香草風味」です。
スモークサーモンのサラダ 香草風味       ¥2,205
a0036952_23442962.jpg

  ※写真は07年3月にいただいた「長崎産海の幸と季節野菜のスープ 伊万里葱風味 ¥2,205」です。
●長崎産海の幸のスープ サフラン風味     ¥3,150
△季節野菜のクリームスープ          ¥1,050

魚料理と肉料理
a0036952_5215892.jpg

  ※写真は09年11月22日にいただいたもので、旬の魚は金時鯛。
●旬の魚と野菜のデュエット エヴァンタイユ仕立て  ¥2,625
  ちなみにエヴァンタイユは「扇の形」の意味で魚の上に野菜を扇形に乗せてあります。下にはラタトゥユ。
a0036952_23271365.jpg

  ※写真は09年3月1日にいただいた際のもの。
●蒸した旬の魚とラングスティーヌ レモンバーベナの香り ¥3,360
●オーストラリア産仔牛ホホ肉の煮込み ローズマリー風味のフラン添え ¥3,360
a0036952_21519100.jpg

  ※写真は10年4月4日にいただいたもの。
●国産牛フィレ肉のソテー 季節野菜のサラダ仕立て  ¥4,200


サラダとチーズ
・サラダメランジェ 香草風味               ¥1,050
  ※ユズ、赤ワインビネガー、ゴマの3種類からお好みのドレッシングをお選びください。
a0036952_1941730.jpg

  ※写真は08年10月19日にいただいた「クルミオイル風味のトマトサラダ エシャロットとセルフィユ風味」です。
△トマトのサラダ クルミ風味のドレッシング  ¥1,260
a0036952_2048132.jpg

  ※写真はH19.9.23.にいただいたもの。
a0036952_2327281.jpg

a0036952_2328681.jpg

  ※写真はH20.3.13.にいただいたもの。
a0036952_7133396.jpg

  ※写真はH20.6.12.にいただいたもの。
a0036952_2148523.jpg

  ※写真はH20.11.2.にいただいたもの。
a0036952_115347.jpg

a0036952_1152250.jpg

  ※写真はH20.12.21.にいただいた「フランス産ナチュラルチーズの盛り合わせ」。クリスマススペシャルバージョンでいただいています。写真左はルブローション、サントモール、中央はカマンベール、ミモレット、右はロックフォール。スプーンにモンドール(トロトロで美味)。いずれも状態良く美味。
a0036952_048957.jpg

  ※写真はH21.5.10.にいただいた際のもの。
a0036952_23313947.jpg

  ※写真は09年11月19日にいただいたもの。「ブリー、ルブローション、ブリヤサヴァラン、ロックフォールにミモレット」
a0036952_5263699.jpg

  ※写真は09年11月22日のもの。
a0036952_14244676.jpg

  ※写真は09年12月24日のもの。
a0036952_14255594.jpg

a0036952_9303471.jpg

  ※写真は10年2月7日のもの。
a0036952_23143686.jpg

  ※写真は10年3月11日のもの。
△ナチュラルチーズの盛り合わせ       ¥1,890


デザート
△デ アドミラル特製デザート盛り合わせ    ¥1,260
・シャーベットとアイスクリームの盛り合わせ  ¥630
・コーヒー、紅茶又はハーブティー      ¥630

お子様ランチ           ¥1,575
   4歳~小学生対象
  一口サイコロステーキとエビフライ ポテト添え
  ホテル特製のアイスクリーム
※今回のメニューには「お子様用ランチ ¥1,575」の記載をみませんでしたが、何らかのものは用意されているのではないかと思いますので、ここに記載を残しておきます。内容は以前オフィシャルサイトにアップされているものを記載してありますので、変更の可能性も。ご利用の際はお問い合わせされ、確認されてみてください。

ソムリエ厳選のグラスワイン
・クレマン・ド・ブルゴーニュ   グラス¥1,039  ボトル¥5,775(税・サービス料込)
  キュヴェ・ピノ・ノワール&シャルドネ
 「36haのブドウ畑を所有する小規模共同組合から、造られており、36人のブドウ栽培者が畑の開墾から始め、ゼロから造り上げられた新世代のクレマンであり、大変品質の高いスパークリングワインです。ブドウ畑はシャンパーニュの畑と最短で600mしか離れておらず、非常に似ています。ピノ・ノワールのリッチな味わいと、シャルドネの繊細さが見事にマッチしたシャンパーニュ顔負けの究極のクレマンです。」

ロゼワイン
・カベルネ・ダンジュ           グラス(125ml)¥900(税・サービス料込)
 「淡いサーモンピンク色、チェリーのようなやさしい香りにフルーティでほんのりとした甘さとほどよい酸味が心地よく、爽やかで飲みやすいワインです。」

白ワイン
・コトー・デュ・レイヨン                ¥900(税・サービス料込)
 「はっきりとした豊かさをもつ甘口ワインで、果実味、甘味、酸味が上品に混ざり合った優雅なワインです。」


期間限定厳選グラスワイン
シャンパーニュ
a0036952_23241310.jpg

  ※写真はグラン・レゼルブ・ブリュット・リリー・ラ・モンターニュ / ヴィルマール・エ・シー
・スペシアル ハウステンボス キュヴェ / ヴィルマール  ¥1,995
 「名醸造家”ヴィルマール”が産み出す、ハウステンボスでしか味わえないすっきりとした辛口。」

白ワイン
a0036952_21501465.jpg

  ※写真は4月4日にいただいたもので、サントーバン・1級・アン・レミリー。
・ソムリエ厳選のグラスワイン           ¥1,680
   日替わりの白ワインにてご用意しております。
a0036952_4511389.jpg

・リースリング カビネット 2006 / ロバート・ヴァイル  ¥1,575
 「ドイツの名門「ロバート・ヴァイル」が造り出す、上品な甘味と爽やかで軽快な酸味を持つ甘口ワイン。」
a0036952_23344594.jpg

・シャトー・リューセック 1995 / ソーテルヌ       ¥2,100
 「貴腐ワインの代表産地ボルドー ソーテルヌ地区の逸品。ヴォリューム感と甘さが調和したデザートワイン。」
a0036952_23154497.jpg

○ピュリニー・モンラッシェ 2005 / アンリ・ボワイヨ  ¥2,625
 「ブルゴーニュ地方の名醸造地から生まれる、力強さと繊細さ、美しく酸味のバランスがとれたワイン。」

赤ワイン
a0036952_9215678.jpg

  ※写真は2月7日にいただいたもので、ジュブレ・シャンベルタン
a0036952_2318354.jpg

  ※写真は3月11日にいただいたもので、シャプティエのラ・ベルナルディン 2005
・ソムリエ厳選のグラスワイン           ¥1,680
   日替わりの赤ワインにてご用意しております。
a0036952_22455483.jpg

  ※写真は以前いただいたクロ デュ マルキ 1997
a0036952_9223833.jpg

a0036952_23172111.jpg

・クロ・デュ・マルキ 2004 / サンジュリアン    ¥1,890
 「メドック第2級シャトー・レオヴィル・ラスカーズのセカンドラベル。有名シャトーのセカンドラベルの中でも人気は高く、力強さと魅惑的な果実味のバランスは見事です。」
a0036952_23174251.jpg

・ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ 2005 / プリューレ・ロック ¥2,625
 「ニュイ・サン・ジョルジュ村にDRCの共同経営者であるアンリ・フレデリック・ロック氏が設立したドメーヌ。ニュイ・サン・ジョルジュの斜面の中断、最上の場所に位置する一級畑で、プリューレ・ロックが単独所有している、クロ・デ・コルヴェのセカンド的存在ワイン。」


Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2010-04-08 21:54 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< 花の家(ディナータイム~多客時... カフェ・ド・ハーフェン >>